家賃のクレジットカード払い、押さえたいメリット・デメリットとは?

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

家賃のクレジットカード払い、押さえたいメリット・デメリットとは? (配信日時 2018.12.06/更新日時 2018.12.06)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

 

今ではコンビニ、ファミレスでも利用できるほど、クレジットカードの利用が普及しています。実は家賃もクレジットカードで支払うことがきるのをご存知でしょうか?

生活で必要な買い物は、現金よりクレジットカードのほうが得をするケースも多くあります。今回は、毎月支払う家賃を、クレジットカード払いにした場合のメリットやデメリットをご紹介しましょう。お住まいの賃貸がクレジットカード払いに対応しているか、確認してみてはいかがでしょうか。

 

 

家賃の支払い方法の種類

家賃の支払い方法には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。クレジットカードで支払う以外にも、複数の支払い方法が存在しています。

指定口座に家賃を振り込む
一般的な支払い方法は、家賃を指定の口座に振り込むことです。振り込みは、毎月請求書が届くわけではないので、支払日に入金を忘れないよう、自分自身で管理に気をつけなければなりません。

・無駄な手数料を節約
振り込みの場合は、家賃に加え振込手数料がかかってしまいます。銀行で無駄な振込手数料やATM手数料を支払わないよう工夫をしましょう。ネット銀行を利用すれば、月1回の振込手数料が無料になるケースもあるので、わざわざ銀行に行かなくても、自宅から振り込みが可能です。

・支払日を絶対に忘れないこと
仕事やプライベートで忙しく、大切な家賃の振り込みを忘れた経験はないでしょうか。指定日に支払いを済ませないと、信用問題に繋がり、それを何度も繰り返すと退去させられる恐れがあるので、手帳やカレンダーに家賃の支払日を記入し、忘れないようにしましょう。

・なぜ、家賃の支払いが振り込みなのか
口座から自動で引き落としをしてもらえれば、振り込みを忘れることはありませんし安心ですよね。それなのに、なぜ自動での引き落としになっていないケースがあるのか。それは、大家さん側の都合によるケースが多いようです。小規模の戸数しか持っていない大家さんの場合、銀行や金融機関側から自動引き落としを認めてもらえず、手数料も大家さんが持つことになります。そのため、自動引きとしではなく指定口座への振り込みになってしまうのでしょう。

・支払いをした証拠を残す
ごく稀に、支払日に家賃を振り込んでいるのにもかかわらず「家賃の振り込みが確認できません」と言われることがあります。そのようなときに、明細書や通帳があれば、振り込みをした証明になるので、証拠となる書類やデータは必ず保管しておくようにしましょう。

自分の口座から、家賃を自動引き落とし
その都度指定口座へ振り込みをするより、自動引き落としを設定しておけば、支払いをうっかり忘れることなく安心して家賃を支払えます。自動引き落としの場合は、管理会社や保証会社から引き落としされるケースが多いため、大家さん名義ではなく、管理会社や保証会社の名義での引き落としとなります。引き落としをする会社名や、引き落としの手数料が掛かるケースが多いので、契約時にしっかり確認しておきましょう。

・振り込みと違って手間がかからない
振り込みの場合、指定口座に振り込みをする手間が掛かりますが、自動引き落としなら、支払日を忘れていても口座にお金が入っていれば問題ありません。しかし、家賃の支払いができる残高があるかの確認は必要になります。家賃の引き落とし前に、うっかり使いすぎてしまって払えない、ということがないように、気をつけましょう。

・口座の開設が必要になる場合も
自動引き落としの場合は、管理会社や保証会社指定の銀行口座の開設が必要になる場合があります。また、指定がない場合も、同じ銀行であれば振り込み手数料が無料、もしくは、少額で済みます。毎月の支払いになるので、開設する手間が多少掛かっても、手数料の安い銀行での引き落としをおすすめします。

家賃を大家さんに手渡し
昔は手渡しが一般的な時代でしたが、時代の変化とともに振り込みや自動引き落としが多くなりました。しかし、今でも大家さんに手渡しをしているケースもあります。大家さんがお隣に住んでいたり、大家さん側から集金に回ってきたりと、さまざまなケースがあります。家賃の滞納やトラブルを防ぐために、管理会社や保証会社が間に入ることが増えているため、大家さんに家賃を手渡しするケースは年々減ってきているようです。

家賃の支払いが遅れてしまった時の対処法
1日でも遅れてしまうと、家賃の滞納になります。日々の仕事に忙殺されてしまい、振り込みを忘れてしまったり、さまざまな事情で支払いができないことがあったりした場合は、大家さんや不動産会社に連絡し、支払いが滞ってしまった理由や、支払う意思があることを伝えましょう。どうしても支払期日に払うことができない場合、事前に相談をすることが大切です。期日までに支払うことが大前提ですが、もしもの時にも慌てず、誠意を持って行動することを心がけましょう。

 

 

そもそもクレジットカードで払えるの?

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、家賃はクレジットカードで支払うことが可能です。家賃の支払いは振り込みや自動引き落としが主流だったのに対し、今では、クレジットカードでの初期費用や毎月の家賃の支払いに対応する不動産会社が増えてきました。クレジットカードで支払えることが浸透した背景には、2013年10月より、大手賃貸住宅会社がクレジットカードでの支払いを可能にしたことが大きな理由と言われています。ただし、クレジットカード払いに対応していない不動産会社もありますので、契約をする前にどのような支払い方法があるのか、しっかりと確認をする必要があります。

 

クレジットカード払いのメリット

クレジットカード払いでの代表的なメリットと言えば、ポイントが貯まることでしょう。カードによってポイントの還元率は違いますが、貯まったポイントで商品と交換できたり、お店で現金と同じように利用できたりします。また、飛行機を頻繁に利用する方は、マイルに交換可能なカードもあります。毎月の家賃をクレジットカードで支払うと、金額に応じてポイントが貯まるので、ポイントを貯めたい方はクレジットカードで支払うと良いでしょう。

・銀行に行く必要がなくなる
自動引き落としと同じように、毎月銀行に出向いて振り込みをする手間がなくなります。また、振り込みを忘れてしまう心配もありません。

・初期費用を分割で支払うことも可能
初期費用をクレジットカードで分割払いできる不動産会社もあります。手元に現金がなくても、クレジットカードで分割払いできれば、現金がなくても今すぐに引っ越ししたい! と思っている方にとっては便利ですよね。

・使用できるクレジットカードの指定があることも
クレジットカード払いが可能でも、不動産会社によっては指定のクレジットカードでしか対応できない場合もありますので、事前に確認をしておきましょう。

・利用停止になる恐れがある
クレジットカードの引き落とし日に口座にお金が入っていない場合は、残高不足として処理されてしまい、それを何度も繰り返すと信用がなくなり、クレジットカードの利用ができなくなる可能性があります。クレジットカードの引き落とし日は忘れずに、お金がしっかり口座に入っているか、必ず確認をしましょう。

 

クレジットカードで家賃の支払いをするなら

日々の生活に欠かせなくなったクレジットカードは非常に便利で、買い物などだけでなく、今では家賃もクレジットカード払いができるようになってきました。毎月の家賃をクレジットカードで払えれば、ポイントが貯まり現金で支払うよりもメリットが大きいでしょう。しかし、カードの引き落とし日には、残高不足にならないよう、口座にお金を残しておきましょう。また、賃貸契約をする際に、支払い方法については必ず確認をしておきましょう。

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら