ミラーカーテンと遮像カーテンの違いは? – プライバシーは?
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

ミラーカーテンと遮像カーテンの違いは? – プライバシーは?

(配信日時 2018.12.10/更新日時 2018.12.10)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

レースカーテンといえば、日中に使用する透けているカーテンというイメージが一般的でしょう。生活スタイルの変化や近隣住人との関係性などにより防犯意識が向上し、日中でも外の視線が気になったりプライバシーを守りたいと思ったりする人が増えてきました。

そこに登場したのがミラーカーテン。このカーテンであれば、日中使用するレースカーテンでも室内が透けて見えることがありません。私生活を知られたくない人には非常に便利なカーテン、今回はミラーカーテンの構造やメリット、デメリットに加えさまざまな機能をもったミラーカーテンを徹底解説します。

ミラーカーテンとは何か

ミラーカーテンとはハーフミラーレースカーテンともいわれ、特殊な加工を施した光沢のある糸を織り込むことで、カーテンの裏側に鏡のようなミラー効果をもたせ、太陽の光を反射させたり屈折させたりするレースカーテンのことです。マジックミラーと同じ原理なので、室内からは外の景色が見えますが、外からは室内が見えにくくなるのでプライバシーの保護におすすめです。

通常のレースカーテンと同じく通気性と採光性があり、日中、外の視線を気にせずに太陽の光を室内に取り込めます。その効果からブラインドカーテンや目隠しカーテンといわれることもあります。マンションやアパートの1階に住んでいて外の視線が気になる部屋や、隣家の2階から家のリビングが丸見えになってしまうお家などにはピッタリです。

しかし、ミラーカーテンは太陽の光を乱反射させて見えにくくしているため、室内が外よりも明るくなる夜間や太陽光の少ない曇りや雨の日は効果を期待できません。

遮像カーテンとミラーカーテンの違い

遮像カーテンはご存知でしょうか? 遮像カーテンもミラーカーテン同様、外から室内を見えにくくする効果のあるカーテンですが、遮像カーテンとミラーカーテンはどんな違いがあるのかをご説明します。

ミラーカーテンが光を乱反射する特殊な糸によって室内を見えにくくするために、夜間や曇りや雨の日には効果を発揮できないのに対し、遮像カーテンは光を通しにくくするために糸が細かく織られているので室内が外よりも明るくなる夜間でも視線を遮る効果を発揮します。

しかし、ミラーカーテンや通常のレースカーテンよりも室内に太陽光が入りにくくなってしまうので、室内が少し暗くなってしまいます。

ミラーカーテンのメリットとデメリットとは

太陽の光を乱反射させて視線を遮るミラーカーテンは、光の弱くなる曇りや雨の日、室内の方が明るくなる夜間は効果が発揮できなくなることはすでにお伝えした通りですが、その他にミラーカーテンにはどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。ミラーカーテンのメリットとデメリットを詳しく解説します。

メリット

ミラーカーテンの一番のメリットは、やはり窓の外からの視線を遮ることができてプライバシーを守れるというところでしょう。特に、隣の家やマンションの窓と自宅の窓が近い場合は、相手に部屋の中を見せない気遣いも必要になってきます。

また、マンションやアパートの1階や2階に住んでいる方は視界を遮ることにより、日中ちょっと家を空ける時なども人が中にいるのか見えないので空き巣などの防犯対策にもなります。

さらに、ミラーカーテンは太陽光を反射させる効果により紫外線をカットすることができます。窓ガラスの紫外線をカットする紫外線カット率は40%程といわれています。そのため、60%の紫外線は窓を閉めていても室内へ入ってきてしまいます。ミラーカーテンはレースカーテンより10~15%程紫外線をカットする効果があります。

お肌だけでなく、お部屋の家具やフローリング、畳なども紫外線でダメージを受けています。家具やフローリング、畳が太陽の光が当たるところと当たらないところで色が変わってしまうのは紫外線が原因ですよね。大切な家具やお部屋を紫外線から守るためにもミラーカーテンはおすすめです。

そのほか、太陽光の光を反射させることにより断熱効果も発揮されます。これは、太陽光の熱のエネルギーは赤外線のエネルギーが主なので、太陽の光を反射させることにより熱を室内に入りにくくするのです。夏は、太陽の光とともに暑い空気を遮断して室内の冷気も逃がしません。そして冬は、寒い外気をはねつけて部屋の暖かい空気が外に逃げるのを防ぎます。

デメリット

先にもお話ししましたが、ミラーカーテンは、太陽光を乱反射させることによって室内を見えにくくする効果を発揮しますので、夜間の室内が外より明るくなる時間帯は通常のレースカーテンと同じように室内が透けて見えてしまいます。

最近では夜間でも透けないミラーカーテンも増えていますが、夜間でも透けないミラーカーテンは遮像カーテンのように糸が細かく織られていたり、他の加工が施されていたりします。そのため、昼間の太陽光が室内に入り込みにくくなり、室内が暗くなってしまいますので、今まで使用していたカーテンと日中の部屋の明るさが変わってしまいます。購入する前に確認しましょう。

さまざまなミラーカーテン

ミラーカーテンは、透けにくさが3段階にランク分けされています。透けにくさのランク分け以外にもさまざまな機能をもたせたものがありますのでご紹介します。

花粉対策

この効果は少し意外かもしれませんね。窓から侵入する花粉やホコリを吸着させて、室内に侵入することを防ぐ機能をもたせたミラーカーテンです。花粉症の人は室内にいても鼻がムズムズする経験をしたことがあるのではないでしょうか。

それは、コートなどの洋服に付着した花粉が室内で浮遊している場合もありますが、窓から侵入してしまった花粉が原因の場合も考えられますよね。窓から侵入した花粉は空気清浄機や掃除機などで除去しない限り、人の移動などで室内を浮遊し続けてしまいます。

しかし、だからといって花粉が入り込まないように窓を閉め切って室内の換気ができないのも辛いですよね。花粉対策機能をもたせたミラーカーテンは、外気と一緒に侵入する花粉やホコリをカーテンに吸着させるので安心して花粉の季節でも換気ができます。そして、吸着させた花粉やホコリは洗濯することで除去して繰り返し効果を継続させられます。

保温機能

窓を閉めていても冷気が入り込んだり、暖房で温められた空気が窓に触れることで温度が下がったりしてしまいます。ミラーカーテンは断熱機能をもっていることは説明しましたが、さらに太陽の熱を遠赤外線に変えて室内に取り込む機能をもたせたミラーカーテンです。室内の暖房の熱は外に逃がさないので冬の室内を暖かく保つことができます。

紫外線対策

紫外線カットの効果は通常のミラーカーテンにもありますが、80%以上の紫外線カット率をもたせたミラーカーテンです。室内にある家具やフローリング、畳なども紫外線でダメージを受けていることは説明しましたが、もちろんお肌に受ける紫外線のダメージ対策にもなります。

紫外線は電磁波としての高いエネルギーをもっています。敏感肌の方は紫外線で日焼けだけでなく、電磁波の刺激を受けて肌が荒れてしまったり皮膚が乾燥して痒くなってしまったりする場合があります。

また、赤ちゃんにも紫外線対策は大切です。紫外線は子どもの時に浴びるほどに、健康上の悪影響が大きくなることがわかっています。外出する時は日焼け止めを塗るなどして対策をしますが、室内では無防備な状態ではないでしょうか。

お年寄りの白内障や皮膚ガンの防止にも紫外線対策は重要です。紫外線カット率の高いミラーカーテンで室内でも紫外線対策をおこないましょう。

多機能

ウレタン樹脂を特殊コーティングすることによりさまざまな機能をもたせたミラーカーテンです。カーテンの表生地に加えてミラーカーテンの特殊な加工を施した裏生地、そこにウレタン樹脂を特殊コーティングした3重構造となっています。

高い断熱・保温機能、紫外線カット機能に加えて騒音や音漏れを軽減する遮音機能をもっていますので、室外からの騒音や室内のテレビの音、ピアノの音などを吸収することができます。そのうえレース生地ですが、外の景色は全く見えません。昼夜問わず視線をカットできますが、太陽の光が入り込みにくくなりますので室内は暗くなります。

まとめ

マンションや住宅が増えて、気づいたら隣に新しく建ったマンションの窓からリビングが丸見えになってしまい視線が気になる、なんてこともありますよね。通りに面している家なども視線を気にしてカーテンを締め切っていると、室内に太陽の光を取り込むこともできません。

そんな家にプライバシーを守りながら部屋の明るさを保てるミラーカーテンはピッタリです。ミラーカーテンには、さまざまな機能があることもわかりましたね。透けにくさも種類豊富です。

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら