憧れの同棲! 始めるのによい・悪いタイミング
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

もっと楽に、もっといいお部屋さがし。「マイナビBiz STAY」と「マイナビBiz サブスク社宅」で。

憧れの同棲! 始めるのによい・悪いタイミング

(配信日時 2018.12.13/更新日時 2019.01.24)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

現在恋人がいる方、あるいは今は恋人はいないけど同棲に憧れている方というのは多いと思います。「もっと一緒に時間を過ごしたい」「結婚する前に、普段の様子をお互いもっと知っておきたい」など、理由はそれぞれあるでしょう。

さて、そんな同棲ですが、始めるのに適したタイミング、また、始めるべきではない、避けたほうがよいタイミングはいつなのでしょうか。スタートからつまずいてしまわないために、同棲を始める際は、そのタイミングを間違えないよう注意を払っておきましょう。

そこで今回は、同棲を始めるのにオススメのタイミング、あまり向いていないタイミングをご紹介します。「そろそろ同棲を始めようかな」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

同棲を始めるのにオススメのタイミング

まず、同棲を始めるのに適したタイミングをいくつかご紹介します。何のきっかけもないと話を切り出しづらいと思うので、これらのタイミングで同棲を持ち掛けてみるとよいかもしれません。

・家の契約更新期限が近付いている

どちらか一方の部屋の契約更新時期が迫っているときは、同棲を始めるのにオススメのタイミングです。「同棲を始める」というと、楽しいことばかりが始まりそうな予感がありますが、実際は2人で住む部屋を探したり、荷物をまとめたりと、しなければならない作業がたくさんあります。しかし、部屋の更新時期が迫っているとなると、それに間に合うようお互い行動を起こすことができるでしょう。また、最近は契約途中の解約には違約金が発生する場合があります。

更新月であればその必要はなくなるので、金銭的な面でも、家の契約更新に合わせて同棲を始めるのは、合理的なタイミングだと言えるのではないでしょうか。その際、同棲を始めれば現在の生活よりどれくらい家賃が浮くのかなどを2人で確認することで、結婚について具体的に考えるきっかけにもなるかもしれません。

・結婚前提のお付き合い

「結婚を前提としたお付き合い」もオススメのタイミングです。付き合い始めのころは考えていなかったけれど、付き合っていくうちに段々と結婚を意識するようになっていく、というカップルは多くいるでしょう。結婚を意識しているのであれば、お互いの距離感が急速に近付く同棲をすることで、一気に結婚までの道のりが短くなるかもしれません。なので、お互いに「結婚を前提としてあなたとお付き合いしています」という意志が確認できているのであれば、そのタイミングは同棲を始めるのに適しているといえます。

また、同棲を始めることでお互いの「ちょっとよくない点」「だらしない点」が見えることもありますが、結婚を前提に真剣なお付き合いをしているカップルであれば、そのような一面があったとしても、魅力のひとつとして受け入れることができるかもしれません。逆に、日常生活でどうしても受け入れられない点があった場合、結婚後に判明するより、事前に判明した方が後々トラブルにならないかもしれません。ですので、事前にお互いの普段の姿を確認し合っておくのは非常に重要といえるでしょう。

・お互いの両親に挨拶

結婚を前提にお付き合いをはじめた場合、それぞれの両親へ挨拶にいくカップルも多いでしょう。その際、ご両親に同棲の相談をしてみてはどうでしょうか。同棲に賛成してくれる場合もあれば、逆に反対になることも。もし、反対された場合、同棲ができないわけではありませんが、自分達の意思で決めるのではなく、ご両親の意思を尊重する姿勢をみせることで、結婚後の生活もスムーズにいくかもしれません。もしかしたらご両親から同棲を勧められることもあるでしょう。

それは親公認として力強い後押しになるはずです。また、結婚を前提としていないカップルでも、付き合っているときにたまたま相手の両親に挨拶をする機会が出てくる、ということも。このような場合、この挨拶がきっかけで結婚を考え始めるようになるかもしれません。そうなればまずは同棲から、という話になる可能性もあるのではないでしょうか。

・転職

どちらかが転職するときも、同棲を始めるのに適しているタイミングです。もともと遠距離恋愛をしていたけど、これをきっかけにそばにいて欲しい、もしくはそばにいたいという気持ちを伝えるチャンスです。あるいは、近くにいたけど転職によって離れ離れになるのは嫌なので、一緒に来て欲しいという思いを伝えるのもよいでしょう。どちらかの生活圏が変わってしまうときは、それをきっかけに同棲を切り出してみてはいかがでしょうか。

そのときには、相手にも仕事などの事情があるはずなので、あらかじめ余裕を持って話をするのががよいでしょう。同棲したい気持ちがあっても、「今の仕事を辞めなければならない」など、突然では対応できないケースがあることを想定しておきましょう。

・プロポーズの後

プロポーズが成功した後も、同棲を始めるのに向いているタイミングです。婚約後すぐに入籍し、すぐ一緒に暮らし始めるという方も多いと思いますが、婚約してから入籍するまで期間を設ける方もいるでしょう。この場合、婚約したものの表面的にはあまり変化がなく、入籍のタイミングがわからなくなってしまうというケースもあるようです。

婚約後に同棲を始めていれば、家族になるという感覚も生まれやすく、早々に籍も入れようという可能性も高いのではないでしょうか。また、結婚式を挙げる予定のカップルの場合、先に同棲をしておくことで、二人で決めることがたくさんある結婚式の準備も、進めやすくなるはずです。

同棲を始めるのを避けたほうがよいタイミング

逆に、同棲を始めるのを避けたほうがよいタイミングとはいつでしょうか? せっかくお互い幸せになりたくて始める同棲が、タイミングを間違えたばかりに、仲が悪くなってしまっては本末転倒です。なので、同棲を始めるタイミングは、慎重に決めるようにしましょう。ここからは、「この場合は同棲を少し見送ったほうがよいかもしれない」というタイミングをいくつかご紹介します。

・お互いの両親に挨拶していない

お互いのことが好きで同棲したい気持ちを確かめ合っていても、両親への挨拶がまだ済んでいない場合、タイミングとしてちょっと早いかもしれません。もう大人だといっても、結婚するとなれば、家族と家族との付き合いにもなります。その前段階として同棲を始める前には、お互いの両親への挨拶を済ませておいたほうがよいでしょう。

両親への挨拶をしないまま始めた同棲が後から発覚すると、相手の両親からの印象が悪くなってしまうかもしれません。お互いの両親を安心させる意味でも、そしてお互いが安心して同棲生活を楽しむためにも、挨拶を済ませた後に同棲を始めるほうがベターです。

・金銭面が不安定

一緒に生活をするうえでかかる生活費の分担をどうするかは重要なポイントです。もし、どちらか一方が金銭的に不安定な場合、片方に負担がかかってしまいます。初めはそれでいいと思っていても、暮らしているうちにそれが段々とストレスへとつながってしまうかもしれません。一緒に暮らすのであれば、それぞれが責任をもって生活費を払える状態であるほうが、対等な関係を築きやすいでしょう。そのため、お互いの収入が安定し、それぞれが金銭的に自立できるようになるまでは同棲を控えたほうが無難と言えるのではないでしょうか。

・片方に結婚する気がない

お互いに結婚する気がある場合の同棲は、結婚についてより具体的なイメージを抱くことになったり、逆にお互いがまだ結婚するタイミングではないと考えている場合の同棲は、結婚を意識するきっかけになるかもしれません。しかし、片方は結婚する気でいるのに、もう片方はその気がないという状況での同棲は、あまりオススメできません。

結婚する気でいる人にとっては、相手が具体的に将来のことを考えていないことにイライラしたり、不安になるかもしれません。逆に、結婚する気がまだない人にとっては、将来のことを細かく聞かれるのは重い、と感じてしまうかもしれません。その為、お互いの気持ちや足並みがそろっていないタイミングで同棲を始めるのは時期尚早と言えます。もう少し時間をかけて、お互いの気持ちを整えてから同棲を始める方が後々よいのではないでしょうか。

・お互いの仕事が忙しい

同棲するということは、同じ時間を一緒に過ごすということです。しかし、仕事が忙しすぎて2人の時間がとれない、あるいは勤務時間が合わず、同棲してもすれ違ってしまう、という場合は同棲を避けたほうがよいでしょう。そのようなタイミングで無理に同棲を始めても、お互いを大切にできず、関係がギクシャクしてしまう恐れがあります。楽しみにしていた反動で、「やめておけばよかった……」と後悔してしまうかもしれません。

同棲のメリットとデメリット

最後に、同棲を始めることに関してのメリットとデメリットをご紹介します。それぞれを比較して、自分たちが同棲すべきタイミングなのかどうかを考えてみるのもよいでしょう。

・同棲のメリット

メリットとしてはやはり、結婚してからの生活をシミュレーションすることができるという点があります。同棲すると、普段の生活の様子までさらけ出すことになるので、本当にこれから一緒にやっていくことができるのかを確認できます。また、金銭感覚についてなど、ずっと一緒にいることで新たに見えてくる部分もあるでしょう。そういった部分を知ることができるのも、同棲のメリットのひとつではないでしょうか。

・同棲のデメリット

これはメリットと表裏の関係にあることですが、相手の嫌な部分が見えてしまい、一緒にいられなくなってしまう可能性があります。しかし、見方によっては、結婚してから気付くよりはよいと思えるかもしれません。また、同棲生活が心地よくなってしまい、結婚しないままズルズルと年齢を重ねてしまうケースもあります。そうならないためにも、結婚するタイミングを決めてから同棲をスタートさせるといいですね。

よいタイミングで始めて、素敵な同棲ライフを

同棲生活をイメージし、心躍らせているという方はたくさんいらっしゃることでしょう。しかし、せっかくの同棲も、タイミングを間違えてしまえば台無しになってしまう可能性があります。そうならないためにも、スタートの時期は慎重に決めるようにしましょう。

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら