LPガスってなに? ガス生活における豆知識
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

LPガスってなに? ガス生活における豆知識

(配信日時 2018.12.14/更新日時 2019.03.15)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

お風呂や料理、ファンヒーターやカセットコンロなど、日常生活を送るうえでガスは欠かせない存在です。そんな身近な存在でありながら、ガスの種類やガスの取り扱い方など、詳しいことまでは知らない、という方も多いのではないでしょうか。

今回はガスに関する豆知識を紹介していきます。

LPガスとは

LPガスとは何なのか? どのような特徴があるのか押さえておきましょう。

・LPガスとプロパンガスは同じ

私たちがよく耳にする「LPガス」は、正式には「Liquefied Petroleum Gas(液化石油ガス)」と言います。石油ガスを液化したもので、主成分がプロパンのガス、あるいはブタンガスなどはこのLPガスに分類されます。

一般的に家庭で使用されているLPガスの多くは、プロパンを主成分としたプロパンガスになります。そのためLPガスのことをプロパンガスと呼びますが、実際にはプロパンガスはLPガスの中の1種ということになります。

・都市ガスとは違う

一方、都市ガスというものがあります。都市ガスはメタンなどの天然ガスを主成分としたもので、東京や大阪などでは高い普及率となっています。その他の地域の中には、LPガスと都市ガスの普及率が半々というところもあり、地域によってその割合は異なります。

建物の周りにLPガスのボンベがあり、業者さんが定期的にあらわれる場合、LPガスを使用していると考えていいでしょう。

都市ガス契約者の家にはこのようなボンベはありません。大手のガス会社がガスの導管を管理しているので、長い導管を通ってガスは自宅に直接供給されます。

ほかにもLPガスと都市ガスには料金形態などさまざまな違いがあるので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

一人暮らしのガス代はどれくらいかかる?

・持ち運びやすい

「液化」石油ガスと呼ばれるように、LPガスは容易に液体化できるという特徴があります。また、液体化することで気体時の250分の1の体積となるので、ガスボンベに入れれば持ち運びしやっすくなります。

災害に強い

LPガスは分散型供給と呼ばれる供給形態をとっており、これによりトラブル発生時の復旧も早く行うことができると言われています。そのため災害に強いと言われているようです。

発熱量に優れている

同じ体積で比較した時、都市ガスの2倍以上の発熱量を誇るのがLPガスです。単純計算すれば、都市ガスの2分の1の時間で水を沸騰させることができるということになります。とはいえ私たちが普段使うような一般家庭向けのガスコンロでは火力が調整されており、どちらを使っていてもあまり変わらないようです。

覚えておきたいガスの基礎知識

次は知っておきたい基礎知識を紹介します。

・ガスは無臭

みなさんも一度は嗅いだことがあるかもしれませんが、「ガス臭い」と感じる時のガス特有のにおいというものがありますよね。実はあのにおいはガス本来のにおいではありません。

LPガス、都市ガスともに本来は無臭なのです。ではなぜにおいがするのかというと、ガス漏れ時にすぐに気がつけるように人工的に着臭しているからです。

・重さの違い

LPガスと都市ガスでは気体の重さが違います。都市ガスは空気より軽く、LPガスは空気より重いのです。そのためガス漏れ時の対応が少し異なります。

どちらも窓を開けるのは基本ですが、都市ガスは空気より軽いので室内の高いところや、窓の外へと流れていきます。一方、LPガスは空気より重いので、室内の低いところにたまってしまいます。そのため窓を開けるだけでなく、ほうきなどを使って掃き出したほうがよいそうです。

ガス漏れ時の対応手順

ガスの重さの違いはあるにせよ、基本的な対応手順はLPガスも都市ガスも一緒です。万が一、ガス警報器が鳴らないことがあり得るかもしれないので、念には念を入れて、ガス臭いと感じたご自身の判断を優先しましょう。

・窓を開ける

新鮮な空気を取り込むために大きく開けるようにしましょう。またLPガスの場合は下にたまっているガスを外へ掃き出しましょう。
※ガスの臭いが外からしてきた場合、反対に窓を閉め切ってガスの侵入を防ぎましょう。

・ガス栓を閉める

ガス機器はもちろんのこと元栓も閉めましょう。さらに戸外にあることの多いLPガスの容器バルブ、都市ガスのメーターガス栓も必ず閉めてください。

・ガス漏れを通報する

自宅でのガス漏れ時には、契約しているガス会社に電話をして状況を伝え、指示を受けましょう。東京ガスや大阪ガスなどでは、ガス漏れ通報専用の電話番号が用意されています。

緊急時は誰しも慌ててしまい、動揺から電話番号を調べるのも大変、ということになるかもしれません。万が一に備え、今のうちに電話番号をメモして冷蔵庫などの見える場所に貼り付けておきましょう。

・屋外へ避難する

屋外の安全な場所へ避難しましょう。必要に応じてご近所にも注意を呼びかけましょう。

・火気の使用は厳禁

ガス漏れ時、ライターやマッチなど火気の使用は厳禁です。意外なところでは、電気と換気扇のスイッチにもさわらないようにしましょう。スイッチのオン/オフを切り替える際、小さな火花が発生するからです。特に換気扇は、「ガス漏れ時=換気が必要」との思いからスイッチをオンにしがちですので注意しましょう。

ガス缶を使う時の注意点

また、カセットコンロに使うガス缶についても、知識を身につけておきましょう。

・ガス缶の使用期限

ガス缶にも使用期限があります。基本的にはガス缶自体に使用期限が記載されているので、それを確認にしましょう。使用期限を過ぎたガス缶を使用するのは危険です。また、使用期限内であっても保管状態によっては缶がさびた変形してしまったりという可能性もあります。このような場合、不安を感じるようであれば、たとえ中身のガスが残っていたとしても使用を控えたほうがよいでしょう。

・ガス缶の処分方法

捨てる時は中身のガスが残っているか確認しましょう。確認の仕方は簡単で、ガス缶を持って振ればOK。ガスは液化した状態で入っているので、中身が残っているようであればシャカシャカと音がするはずです。

処分する際はガス缶のガスを抜く必要があります。ガス抜きは、屋外の、火の気のない、風通しのよいところで行いましょう。手順は、

・ガス缶のキャップを外し、先端部分を下にしてアスファルトなどに押し付け手ガスを抜く
・ガス缶を振って、シャカシャカと音がしなければ、ガス抜きが完了

ガス抜きをしないまま廃棄すると、ゴミ収集車や焼却炉内での事故につながりかねないので、ガス缶の処分時は、忘れずにガス抜きをするようにしてください。

ガスは生活に欠かせません

LPガスの基本的な話から、ガス漏れ時の対応、カセットガスボンベの処分方法まで幅広くお話ししました。ガスの使用には危険が伴いますが、正しい知識のもと安全に注意さえすれば、とても便利なものです。安全面に気を配りながら日々の生活に活用させましょう。

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら