一人暮らしの食費を抑える賢い節約術
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

一人暮らしの食費を抑える賢い節約術

(配信日時 2018.12.14/更新日時 2019.01.25)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

一人暮らしのみなさん、日々の食事にどれぐらいのお金をかけていますか?
予算を立てて1か月の食費に一定の制限を設けている方や、月によってかなり差がある方など、人によってかかる食費はまちまちです。一人暮らしになると、収支を考えてやりくりするのは自分自身です。将来のために節約や貯金をしたいという方も多いでしょう。

家賃や水道光熱費などはなかなか大きく節約することは難しいですが、食費はライフスタイルによって変わってくるので、節約の効果が出やすいところでもあります。しかし、むやみやたらと削ってしまうと、健康に影響が出てしまうため、無理せず計画的に行っていきたいところです。

食費の節約を始める前にまず、一人暮らしの食費はどれくらいなのか世の中の平均を知り、毎月の食費の予算を立て、計画的にお金を使っていきましょう。

この記事では、総務省統計局の「家計調査」(2017年度版)を参考に、気になる一人暮らしの食費の平均と、食費を節約したい方のための節約術、買い物のコツを紹介していきます。これから一人暮らしをされる方、現在一人暮らしをしている方、ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らしの食費の平均はどれくらい?

一人暮らしで食費をどれくらい使っているか気になっても、気軽に友達に聞けないという方も多いのではないでしょうか。また、食費は性別や年齢、ライフスタイルによって変わるため、人によってその額はさまざまです。総務省統計局の「家計調査」(2017年度版)より一人暮らしでの食費の平均と、あわせて年齢別、性別、地域別の食費の平均月額もご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

単身世帯全体の食費の平均月額

2017年の単身世帯全体の月あたりの食費の平均は「39,649円」でした。

年齢別の食費の平均月額

1.35歳未満  39,510円
2.35~59歳  45,883円
3.60歳~  36,604円

この金額を見て、みなさんはどう感じましたか?「私はちょっと使いすぎているな…」と思ったり、「みんなこんなに使っているんだ!」と驚いたりした方もいるでしょう。それでは次に、男女別での平均値をみてみましょう。

年齢別の食費の平均月額(男性)

1.35歳未満  45,197円
2.35~59歳  51,237円
3.60歳~  39,932円
4.平均  45,298円

年齢別の食費の平均月額(女性)

1.~35歳未満  30,794円
2.35~59歳  36,649円
3.60歳~  34,864円
4.平均  34,656円

男性と女性を比べると男性が「35~59歳」で5万円を超えているのに対し、女性はどの年代も3万円代に落ち着いています。これは男性の方が食べる量が多いことに加えて、外食する率が高いというのも関係しているのではないでしょうか。また、女性は年齢にかかわらず同じくらいの食費なのに対し、男性は60歳以降に急激に食費が下がっているなど、年齢によってばらつきがみられます。

地域別の食費の平均月額

1.北海道・東北  36,616円
2.関東  43,206円
3.北陸・東海  38,056円
4.近畿  41,492円
5.中国・四国  36,298円
6.九州・沖縄  33,442円

「北海道・東北」、「中国・四国」、「九州・沖縄」の食費が低く、「関東」、「北陸・東海」、「近畿」の食費は高いということが分かりますね。東京都などは一般的に他の地域と比べて物価が高いと言われています。上京する予定の方は、地元で一人暮らしをしていた時と同じ金額では難しい可能性もありますので、事前に調査やシミュレーションをしておくとよいかもしれません。

食費の節約にはやはり自炊

世の中の平均と自分の食費の平均を比べてみて、食費をもっと抑えなければと焦ってしまった方もいるかもしれません。では、実際に食費を節約するためには、どうすればいいのでしょう。まず試したいのが、自炊です。

当たり前のことですが、外食店での支払い金額は食材の材料費のみではありません。飲食店はお客さんからもらったお金から、スタッフの人件費や、店舗の家賃、水道光熱費などを支払わなければならないため、材料費に加えていくらか上乗せしています。一方、自炊は買い出しに行くのも料理を作るのも自分です。多少の水道光熱費はかかるとはいえ、基本的には材料費のみになります。

料理の経験がほとんどなかったり、苦手意識がある方は、自炊と聞いて面倒だと感じるかもしれませんが、慣れてくれば自分の好みの食材で好みの味付けにし、自分の食べたい量を作ることができるので、節約以外にも利点が多くあります。ただ、外食をいきなりすべて自炊に替えるのは大変ですし、仕事や友人関係で外食へ行くこともあるでしょう。まずは曜日を決めて1週間に1日は必ず自炊をする「自炊DAY」を設定してみましょう。

また、最近では料理の手間を軽減する調理グッズが多くあり、お米をとぐ必要のない無洗米、クオリティーの高い冷凍食品や保存食、レトルト食品も多いため、まずはこれらに頼って、無理せず自炊に取り組んでみてはいかがでしょうか。

食費を節約するための買い物のコツ

食費を節約するには、まず、材料費を抑える必要があります。皆さんの中には、せっかく特売で食材を買いだめしたのに、冷蔵庫で腐らせてしまって逆に無駄が出てしまった経験のある方はいませんか? 節約のためには、むやみやたらと買い物をするのではなく、買った食材を今後どう使い切るかまでシミュレーションしてから計画的に買い物をすることが大切です。ここでは、日々の買い物で材料費を抑えるコツをいくつかご紹介します。

・予算を決めて買い物をする

買い物前に、これ以上は買わないと予算を立てて買う習慣はありますか? 実はやっていないという方も多いのではないでしょうか。なんとなくでやりくりするのもいいですが、節約をしたいのであれば、予算を立てることはとても大事です。あえて財布の中身を今日使う分の現金しか入れず、買い物へ向かってみるのもいいでしょう。

・自宅周辺スーパーのチラシを確認する

スーパーによっては、毎週土曜日は冷凍食品が半額になったり、毎週日曜日はお米が半額になったりと、あるカテゴリの商品が特定の曜日だけ毎週半額になるセールをやっている場合があります。内容はスーパーによって変わりますが、チラシに記載しているところが多いようなので、確認してみてくだい。また、ポストにチラシが入ってこないという方は、スマホでチラシを確認できるサイトやスーパ―の公式サイトをチェックしてみるとよいでしょう。

・夕方の値引きタイミングを狙う

スーパーでは、消費期限の短いお惣菜や食料品のタイムセールを夕方以降に行うところが多くあります。自分の行きつけのスーパーが何時から値引きを行っているか、事前に確認しておき、その時間を狙って買い物に行くといいでしょう。注意したいのは、セールだからといってむやみに買わないこと。タイムセールになっているものは消費期限が短いものがほとんどのため、早く食べきらないと腐ってしまいます。タイムセールで買い物をする時は、ちゃんと消費期限中に食べきれるかどうかよく考えたうえで購入するようにしましょう。

・空腹状態でスーパーに行かない

空腹状態でスーパーに行くと、パンやお菓子、アイスクリームなど小腹を満たすものをついつい手にしてしまうものです。1回の額は少なくても、積み重なると結構な金額になり、結果的に無駄な買い物をしてしまうことにつながります。仕事の帰り道に買い物をする人は難しいかもしれませんが、何か誘惑に負けにくい工夫をしてみるとよいのではないでしょうか。

買い物のコツと自炊で食費を賢く抑えましょう!

世の中の食費の平均と自分の食費の平均を比べてみていかがでしたでしょうか? 世の中の平均よりも自分の食費が高かった方は、節約のため、自炊の比率を上げてみるのも一つの方法です。いきなり本格的な料理を作る必要はないので、便利な調理グッズや保存食などにも頼りつつ、負担のない範囲で始めてみてください。そして、最寄りのスーパーなどのタイムセール情報をチェックしたり、無駄な買い物をしないような買い物術を取り入れて、食材にかけるお金をなるべく抑えるように心がけましょう。

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら