給気口からの冷気で部屋が寒い気がする……。これって閉めちゃダメなの?
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

給気口からの冷気で部屋が寒い気がする……。これって閉めちゃダメなの?

(配信日時 2019.02.01/更新日時 2019.02.01)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

部屋の中に取り付けられている「給気口」。部屋の換気のための設備であり、注意書きには「台風などの強風時以外は閉めてはいけない」とあるものの、「冬は隙間から入って来る冷気が寒い」「夏は冷房の効きが悪くなりそう」といった理由から、ずっと閉めているという人もいるかもしれません。

 

ですが本来、シックハウス症候群の対策のためにも部屋の換気は重要なはず。そこで今回は給気口の果たす役割や使用上の注意点について、住環境に関する環境や健康、シックハウスの相談を行っているNPO法人 日本住宅性能検査協会 理事の高尾和宏さんにお話をうかがいました。

 

――まず、給気口はどんな役割を果たしているのでしょうか。

 

「給気口は文字通り、外の空気を部屋の中に取り込むための穴です。空気を排出するための排気口とセットで、部屋の空気を入れ替えます。部屋の換気は、シックハウス症候群などの化学物質による疾病を防ぐという観点からもとても重要です」

 

――給気口は、常に開けたままにしておかなくてはいけないですか。

 

「はい。平成15年7月1日、シックハウスの原因となる化学物質の室内濃度を下げるため施行された『改正建築基準法』ではホルムアルデヒド対策の一環として、機械換気設備(24時間換気システムなど)の設置が義務付けられました。24時間換気システムのスイッチは切らずに、常に運転することが基本になります。給気口も塞いだりせず、常に開けておいてください」

 

――冬場は寒いから、という理由で閉めっぱなしという人もいるようです。

 

「住宅などの居室の場合、換気回数は1時間で0.5回以上と定められています。つまり、2時間かけて部屋の空気がすべて入れ替わるイメージですね。時間をかけて換気をするので、外気の流入で寒い思いをするということは少ないと思います」

 

――実際は、換気で部屋が寒くなる心配はほとんどないということでしょうか?

 

「そうです。もし、どうしても寒いと感じるのであれば部屋の設定温度を1〜2度程度上げたり、保温性の高い毛布を使用したり、何か別の方法を試していただきたいです。24時間換気は、あくまでも全部屋を浄化するということです。給気口を閉めてしまうと、その代わりに夜間も含め2時間おきに窓を開けなければならなくなります。その手間を省くことができるという点でも、給気口は有効に利用していただきたいですね」

 

――例えば、空気清浄機を回していれば給気口を閉めていても大丈夫、ということはありますか?

 

「一般的に家庭用の空気清浄機は、花粉やハウスダストなどの粒子状の物体しかキャッチしません。シックハウスの原因となる化学物質はガス状のため、空気清浄機では除去できず、換気システムの代用にはなりません。部屋は、ただ人がいて座って呼吸をしているだけで汚れていきます。換気システムはコストをかけずに、簡単に空気を浄化できる設備です。空気清浄機は換気ではなく、あくまでもプラスアルファの補助的な性能だと思っていただいた方がいいでしょう」

 

――給気口など換気システムを使用する上での注意点を教えてください。

 

「機械換気のシステムには第1種から第3種まで、3種類あります。第1種機械換気システムは給気口と排気口の両方にファンが付いており、第2種は給気口に、第3種は排気口にそれぞれファンが付いています。一般家庭で多いのは第3種機械換気システムですが、いずれのシステムでも24時間スイッチを切らずにファンを回し続けることが原則です。なおかつ、給気口の前には物を置かず、家具などで空気の流れを妨げないようにします。また給気口・排気口にはフィルターも付いていますので、定期的にチェックして汚れたら取り換えるようにしましょう」

 

――フィルターは、どのくらいの頻度で取り換えればいいでしょう。

 

「環境によって異なるので一概には言えないのですが、例えばエアコンのフィルターを掃除するタイミングに合わせて給排気口を確認するようにすれば、定期チェックを忘れにくくなります。チェック時に汚れているようであれば、フィルター交換をします。近くに工場があるなど、外の空気の質に心配がある場合は、専門家の判断を仰いでフィルターをより高性能のものに取り換えることを考えてもいいかもしれません」

 

――では、換気システムが付いていない住宅の場合、どうしたらよいのでしょうか。

 

「ええ、いま申し上げた換気システムの利用は基本的に、平成15年以降の新築物件に限定されます。それ以前の給排気口のない家では、窓開け換気を推奨しています。その際は空気を流すために、窓は対角線など複数カ所を開けることが必要です。窓は大きく開ける必要はなく、少し開けておくだけで十分です」

 

――換気システムの利用で、実際にシックハウスの被害は軽減されるのでしょうか。

 

「はい。平成15年の法執行以降、シックハウスの新築物件に関わる事故はデータ的に有意に減少しています。新築物件に住んでいて体調が優れないという相談は、せっかくの換気システムを止めてしまっていたというケースが多いですね。添加物の少ない食べ物やおいしい水には労力や対価も払うのに、コストをかけずに安全な空気をt得られるチャンスを逃してしまっている。なんとももったいないと思います」

 

やはり注意書きに書いてあることはきちんと守らなければなりませんね。閉めることはなくても掃除までは出来ていないという方、案外多いのではないでしょうか。今回の記事を参考に正しい使い方を心がけ、安全な住環境での生活を送ってくださいね。

 

<取材協力>

高尾和宏さん
NPO法人 日本住宅性能検査協会 理事

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら