【PR】簡単・低コストの空室対策! 賃貸住宅にスマートホームを導入するメリットとは?
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

【PR】簡単・低コストの空室対策! 賃貸住宅にスマートホームを導入するメリットとは?

(配信日時 2019.05.31/更新日時 2019.06.13)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

賃貸経営を行うオーナーさまにとって、空室対策は避けて通れない悩みです。新築時は満室で安定した家賃収入を生み出していた物件も、築年数の経過とともに市場のニーズとギャップが生じ、空室が徐々に増えていく……。とはいえ、建て替えや大規模なリフォームをするには多大な費用が掛かりますし、家賃を下げれば収入が減ってしまいます。そんな悪循環におちいる前に、簡単に導入できる空室対策があるとしたら? 難しそうで、実は手軽な、スマートホームの導入方法をご紹介します。

今、話題の「スマートホーム」とは?

最近何かと話題の「スマートホーム」とはどんなものなのか、皆さんはご存じですか?スマートホームとは、室内の電化製品をインターネットにつなぎ、スマートフォンや音声などによりコントロールできるシステムを導入した家のこと。例えば、外出先からスマートフォンでエアコンを操作し帰宅前に部屋の気温を調整したり、照明をつけておいたりと、快適な暮らしを実現することができます。また、室内に設置したスマートスピーカーやスマートフォンに「おはよう」と声を掛けるとテレビがついてカーテンが開くなど、これまで当たり前だった労力をかけずに声だけで操作することも可能です。

賃貸物件にスマートホームを導入するメリットとは?

そんなスマートホームを賃貸物件に導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか? 物件の付加価値を高める空室対策として一般的な方法はリフォームですが、まとまった費用が必要ですし、リフォーム箇所によっては全棟共通で実施した方が効率的なケースも少なくありません。その点、対応機器を設置・設定するだけで実現可能なスマートホーム化は一戸あたり約1万円から数万円程度と、抑えた費用で導入が可能。一戸単位で順次導入できます。

例えば、Amazon AlexaやGoogle アシスタントといったAIアシスタントと、ラトックシステム株式会社のスマート家電リモコン「RS-WFIREX4」(税別7000円程度)を物件に設置し、初期設定を行っていただくだけで、スマートホーム化が完了します。設備工事は不要です。リモコンをWi-Fiに接続するだけの場合、初期設定は慣れている方なら10分程度で完了。スマートスピーカーも含めて導入・連携する場合は1時間程度、慣れている方なら数十分程度で完了します。初期設定後のランニングコストは基本的に、Wi-Fi使用料以外かかりません。近年、入居者からはWi-Fiのニーズも高まっているなか、スマートホーム化することで、さらに物件価値を高めることができるでしょう。

お客さま自身で初期設定を行うことが難しい場合、提携の外部サービスにより、有償で設定を代行することも可能です。リモコンをWi-Fiにつなげるだけの設定なら約1万円、スマートスピーカーの連携も含めると約2~3万円みておけばよいでしょう。


▲物件に設置し、初期設定だけでスマートホーム化が完了

スマートホームを導入すると、賃貸住宅での暮らしはどう変わる?

ラトックシステム株式会社のスマート家電リモコン「RS-WFIREX4」を導入すれば、さまざまな機能を利用することができます。中でも便利だと評判なのが、外出先から部屋の温度状態を確認し、エアコンをつけることができる機能。自身の帰宅前はもちろん、ペットを飼っている家であれば留守宅の温度管理が欠かせません。家に誰もいなくても、ペットにとって快適な温度に設定してあげることが可能です。また、長期間家を空ける際や普段の生活サイクルが把握されないための防犯対策として、照明のON・OFFも遠隔地から操作することができます。便利さや快適さだけでなく、セキュリティー面でも安心ですね。

入居者自身が所有する、使い慣れた家電を用いてスマートホーム化が可能!

各種家電製品の操作は、大抵の既存の家電製品に対応可能な赤外線を利用して行っています。赤外線方式に制限はないため、入居者が使い慣れている既存の家電製品を同期させることが可能です。また、メーカーを問わず、一つのアプリで複数の家電製品を一括管理できることもポイント。タイマー機能やまとめて複数の指示ができるマクロ機能を組み合わせれば、「平日の朝7時に、エアコンと照明をつけて、電動カーテンを開けたい」「出掛けるとき、すべての照明をワンタップで消すようにしたい」といったニーズも満たすことができます。

今後、さまざまなニーズに応えるスマートホームをご紹介予定

スマート家電リモコンは、スマートフォンで家電を操作するという機能を追加できますが、電力管理や見守りなど、より充実したサービスを提供するスマートホームへの採用もすすんでいます。ラトックシステムは、協業によるスマートホームビジネスを積極的に展開しています。

https://www.ratocsystems.com/solution/s_home/estate.html

5/31より提携を開始したイーブロードコミュニケーションズの「e-Broad光マンション」は、ネット回線の敷設と同時に無料でスマートホームの導入ができるサービスです。
https://www.hikari-mansion.com/iot/

以下のページでは、ラトックシステム株式会社のスマートホームへの取り組みをご紹介。新しいアイテム(IoTデバイス)の投入など随時更新していきますので、どうぞお見逃しなく!
https://www.ratocsystems.com/solution/s_home/

マイナビ賃貸広告企画:提供【ラトックシステム株式会社】

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら