マンスリーマンションとはどんな物件?
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

マンスリーマンションとはどんな物件?

(配信日時 2019.08.28/更新日時 2019.08.28)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed
マンスリーマンションとはどんな物件?

2年契約が一般的な通常の賃貸物件。基本的には、1カ月や3カ月といった短期間での契約はできません。でも、一時的な住まいとして短期間だけ契約したいということもありますよね。そんな時に検討したいのが「マンスリーマンション」です。しかし、「マンスリーマンション」がどんな物件なのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで、この記事ではマンスリーマンションがどういった物件なのかを、そのメリットとともに詳しく解説します。

 

マンスリーマンションとは何か?

 

まずは、マンスリーマンションとはどのような住まいかについて解説していきます。

■マンスリーマンションの概要

マンスリーとは英語の「Monthly」のことで「月々」という意味です。つまり、マンスリーマンションとは月単位で借りることができる賃貸物件を指します。一般的な賃貸物件は2年ごとに賃貸借契約を結び、退去の1カ月前に通知する流れが多いのですが、マンスリーマンションはそもそも短期で借りることを前提にした物件です。

■マンスリーマンションの契約について

マンスリーマンションは基本的に1カ月以上の期間で契約しますが、契約延長や満了前に退去したい場合はどうなるのでしょうか。

・契約期間の延長について
・期間満了前の退去について

マンスリーマンションの契約延長は、例えば「期間満了の10日前までに連絡する」というような取り決めがされていることが一般的です。ただ、再延長に関しては延長する期間によって、賃料などの金額が変わることもあるので注意しましょう。また、逆に契約期間が満了する前に退去することも可能ですが、その場合は違約金が発生することもあります。契約時のルールはマンスリーマンションごとに異なるため、契約前に詳細を運営会社に確認しておきましょう。

マンスリーマンションのメリットとは?

マンスリーマンションのメリットとは

次に、マンスリーマンションのメリットについて解説していきます。

・初期費用が安い
・入居までの手続きが簡単
・家具や家電が備え付き
・光熱費や水道は手続き済みで定額が多い

■初期費用が安い

マンスリーマンションの1つ目のメリットは、「初期費用が安い」という点です。この点については、マンスリーマンションと賃貸物件を比較すると分かりやすいでしょう。

◎一般的な賃貸物件の初期費用

一般的な賃貸マンションには、以下の初期費用がかかります。

・敷金:家賃1~2カ月分
・礼金:家賃1~2カ月分
・仲介手数料:家賃1カ月分

最近では、敷金・礼金がゼロ円の物件もありますが、敷金・礼金・仲介手数料のいずれかが必要になる物件の方が一般的。つまり、通常の賃貸マンションは初期費用として、家賃の3カ月分の費用がかかる場合もあるということです。さらに、上記の費用以外に「引っ越し費用」も初期費用としてかかるでしょう。

◎マンスリーマンションの初期費用

一方、マンスリーマンションの場合は基本的に敷金・礼金は不要です。前項の通り、賃貸物件では敷金・礼金が合計家賃の3カ月分ということもあるので、この費用がかからないのは大きなメリットといえるでしょう。さらに、仲介手数料も不要な場合が多くなっています。というのも、マンスリーマンションは不動産会社が運営しており、直接賃借人を募集しているケースが多いからです。つまり、他社が「仲介」するわけではないので、仲介手数料はかかりません。

ただ、物件によっては管理会社やほかの不動産会社に賃付けを依頼していることがあり、その場合は仲介手数料がかかるので注意しましょう。さらに、後述しますがマンスリーマンションは家具や家電が備え付けなので、引っ越しする際の荷物も少なくなり、引っ越し費用が安価になる点もメリットです。

一方、ホテルには敷金や礼金のような慣例がないので、初期費用はかかりません。

■入居までの手続きが簡単

マンスリーマンションの2つ目のメリットは、「入居手続きが通常の賃貸物件と比べて簡単」という点です。マンスリーマンションを契約する時の一般的な流れは以下になります。

・電話やメールで問い合わせ
・入居申し込みを行う
・契約書類が送付されてくる
・書類に必要事項を記載して返送する
・入居

このように、不動産会社の店舗に来店する必要もありませんし、契約書類も郵送でやり取りできることが多くなっています。つまり、通常の賃貸物件よりも手間なく契約することができます。ただ、不動産会社によっては来店が必要なケースもあるので、手続きの流れについては各不動産会社に確認しましょう。また、ホテルの場合は契約手続きはなく、電話やWebでの予約となります。

■家具や家電が備え付きである

マンスリーマンションの3つ目のメリットは、「備え付けの家具・家電・備品を使用できる」という点です。一般的なマンスリーマンションに設置されている家具・家電・備品は以下の通りです。

・家具:ベッド、テレビ台、食器棚、カーテン
・家電:エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、掃除機
・備品:ゴミ箱、トイレやお風呂の掃除用品、洗濯干し、ハンガー

このように一般的な生活を送るうえで不自由しない程度の家具・家電がそろっているケースが多いので、新たに購入する費用や引っ越し費用を節約できる点はメリットといえるでしょう。

一方ホテルの場合は、ベッド・テレビ・冷蔵庫・エアコン・カーテンなど最低限のものはありますが、洗濯機やキッチンがないので、不便に感じることも多いかもしれません。

■電気・ガスや水道は手続き済みで、費用は定額が多い

マンスリーマンションの4つ目のメリットは、「電気・ガスや水道は手続き済みで、費用は定額が多い」という点です。通常の賃貸物件では電気・ガス・水道は個別に手続きが必要で、使用した分だけ料金を支払います。

マンスリーマンションの場合は物件によって金額が異なるものの、基本的に定額のため支出が読みやすくなります。この点は、家計の収支を考える上でメリットといえるでしょう。ホテルの場合は光熱費としての支払いはないものの、その分宿泊費が高かったり、コインランドリー代や外食代がかさむ可能性があるので、ホテルの方が安く済むとは言えません。

「居住期間」を考えシミュレーションする

ここで、上述した点を踏まえ、改めてマンスリーマンションと賃貸物件、マンスリーマンションとホテルをそれぞれ比較してみましょう。

■マンスリーマンションと賃貸物件

 

比較項目

マンスリーマンション

賃貸物件

家賃

・物件によるが賃貸マンションよりやや高いケースが多い

・物件によるがマンスリーマンションよりやや安いケースが多い

手続き

・内覧なし
・契約手続きも郵送で完結するケースが多い

・内覧あり
・不動産会社の店舗にて申し込みや契約が必要

初期費用

・敷金と礼金なし仲介手数料は物件によるが、ないことが多い
・家具や家電があるので引っ越し費用も安価

・敷金、礼金、仲介手数料あり
・大型の家具や家電があれば引っ越し費用は高くなる

水道・光熱費

・定額で家賃に上乗せしているケースが多い

・使用状況に応じて別途発生する

その他費用

・退去時の清掃代(物件による)

・退去時の原状回復費用
・家具や家電の購入代金

 

月々の家賃だけで見ると、賃貸物件よりもマンスリーマンションの方が高く感じますが、初期費用や光熱費を含めたトータルで考えてみると、お得になる可能性があります。

 

■マンスリーマンションとホテル

 

比較項目

マンスリーマンション

ホテル

家賃

・物件によるがホテルより安いことが多い

・物件によるがマンスリーマンションより高いことが多い

手続き

・契約手続きが必要だが、郵送で完結するケースが多い

・契約手続きはなく、電話やWebで予約することが一般的

初期費用

・敷金と礼金なし(仲介手数料は物件によるが、ないことが多い)

・敷金、礼金、仲介手数料は不要

水道・光熱費

・定額で家賃に上乗せしているケースが多い

・不要

その他費用

・退去時の清掃代(物件による)

・退去時の清掃代不要
・洗濯機がないのでコインランドリー代がかかる

環境

・プライベートな空間が保たれる
・ホテルほど人の出入りはない
・自炊できる

・清掃などで従業員が立ち入ることがあり、プライバシー性が低い
・旅行客などの利用で騒がしい可能性がある
・自炊できない

 

ホテルは光熱費が不要ですが、洗濯機がないことによるコインランドリー代や、自炊ができないことによる外食代を考えると、マンスリーマンションの方がお得になる可能性があります。また、マンションとホテルでは環境面でもかなり違いを感じそうです。

実際には滞在期間など、それぞれの状況によって異なるので、まずは上記の表を参考に一般的な賃貸物件・マンスリーマンション・ホテルを比較して、費用の差がどのくらいになるかをシミュレーションしてみましょう。費用の違いを把握したら、費用以外の上述した点を含めて比較するとよいでしょう。

まとめ

このように、マンスリーマンションはコスト面において、一般的な賃貸物件やホテルよりもお得になる可能性があります。滞在先をどこにするか迷っている方は、一度シミュレーションしてみてはいかがでしょうか。その上で最も自分に適した方法を選択するとよいでしょう。

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら