マンスリーマンションのメリットって?どんな人が向いている?
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

マンスリーマンションのメリットって?どんな人が向いている?

(配信日時 2019.08.30/更新日時 2019.08.30)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed
マンスリーマンションのメリットって?どんな人が向いている?

長期出張や単身赴任時の滞在先として「マンスリーマンション」を検討している方も多いでしょう。しかし、その他に通常の賃貸物件やホテルに滞在するという選択肢もあるため、どれを選ぶべきか悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、この記事では、マンスリーマンションのメリットや注意点、どんな人が利用するのに適しているかなどをお伝えしていきます。

マンスリーマンションとは

そもそもマンスリーマンションとはどのようなマンションなのでしょうか。

■一般的な賃貸との違いは?

マンスリーマンション とは、月単位や週単位の短期で借りられるマンションのことを指します。一般的な賃貸の場合、2年ごとの契約になる場合が多く見られますが、マンスリーマンションは短期間での利用が可能で、中長期の出張や研修、大学生の受験のための滞在などに利用すると便利です。利用日数やプランなどは運営会社によってさまざま。短期間での利用が可能なマンションの総称を「マンスリーマンション」と考えるとよいでしょう。

マンスリーマンションのメリット

マンスリーマンションにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

■家具や家電が揃っていて、すぐに生活できる

マンスリーマンションでは、家具や家電があらかじめ設置されています。一般的な賃貸物件であれば、今住んでいる住居から持っていくことになりますが、短期間しか住まないのに家具や家電ごと引っ越すとなると手間も費用もかかります。

また、初めての一人暮らしとなると一から自分で揃えないとならないでしょう。マンスリーマンションであれば、これらの費用や手間が不要で、ホテルのように引っ越し後すぐに生活することができます。また、ホテルとは異なり、引っ越した後は自分で料理したり掃除したりと、一般的な賃貸物件と変わらない生活を送れます。

■電気・水道・ガスの手続きが不要

一般的な賃貸マンションだと、入居の際に自分で電気会社や水道会社、ガス会社に電話して手続きする必要がありますが、マンスリーマンションの場合そうした手続きの必要がありません。この辺りは、ホテルに泊まる感覚で捉えておくとよいでしょう。なお、水道や電気、ガスは料金が固定されており、たくさん使っても、あまり使わなくても一定の料金が請求されるようになっています。

マンスリーマンション利用のデメリットや注意点

マンスリーマンションのメリットとは

次に、マンスリーマンションのデメリットや注意点を見ていきましょう。

■家具家電を自分好みに選べない

マンスリーマンションには、あらかじめ家具や家電が備えつけられており、入居者は自前でこれらを用意する必要はないのですが、裏を返せば自分の好きな家具家電を置くことができないというデメリットにもなります。家具家電にこだわりたい方や、使い続けたい家具家電がたくさんあるという方は少し不満に思うかもしれません。

■住民票を移せない

マンスリーマンションへの転居では住民票を移すことができません。住民票は「1年以上継続して生活の本拠が移る場合のみ」移すこと、とされているからです。実際、物件情報や契約書に「住民票移動不可」などと記載されています。郵便物などを受け取りたい場合は、郵便局に転居届を出すことで、1年間はマンスリーマンションでも受け取ることができます。

マンスリーマンションはこんな人におすすめ

マンスリーマンションの特徴やメリット・デメリット、注意点などをお伝えしましたが、それらを踏まえて、マンスリーマンションの利用に適した人は以下のような人たちです。

・ビジネスで短期間利用する人
・仮住まいとして利用する人
・初めての一人暮らし
 
それぞれについて見ていきましょう。

■ビジネスで短期間利用する人

まずは、出張や研修で数カ月程度の短期間、住まいを必要とする場合はマンスリーマンションの利用が非常に便利です。マンスリーマンションは月々の家賃だけ見ると一般的な賃貸マンションより高く感じますが、水道・光熱費が含まれていて、初期費用も不要なため総額では安くなる可能性があります。また、ビジネスホテルと比べても費用を安く抑えられるでしょう。家具家電をそろえる必要もなく、荷物一つで引っ越すことができ、退去の際も持ってきた荷物を持って帰るだけなので、一般定な賃貸マンションに入居するより手間も省けます。

■仮住まいとして利用する人

リフォームや建て替え、海外からの一時期国など、理由は何にせよ一時的な仮住まいとして利用する方にもマンスリーマンションの利用がおすすめです。こちらもホテルに宿泊するのと比べたら、マンスリーマンションを利用した方が、お得になることが多いのが理由です。

■初めての一人暮らし

そのほか、初めての一人暮らしで利用することもおすすめです。進学や就職で初めて上京するといった方は、最初にマンスリーマンションに入居すると家具や家電を買いそろえる必要もなく、手軽に引っ越しすることができます。その後も長く住み続けるのであれば、慣れてきた頃に一般的な賃貸マンションへの転居を考えるとよいでしょう。

まとめ

マンスリーマンションのメリットやデメリット、利用に適している人などをお伝えしました。マンスリーマンションは1カ月から1年未満の短期間での利用に便利で、「家具家電が不要」、「ガス会社や電気会社への連絡不要」、「敷金や礼金などの初期費用が不要」といった特徴から、一般的な賃貸マンションとホテルの間にあるものだといえます。利用を検討する際には、賃貸マンションとホテル、それぞれを利用する場合と比べてどちらがお得になるか比較した上で決めるとよいでしょう。

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら