社宅・寮でも利用可!「マンスリーマンション」を法人利用するときのメリットや注意点
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

もっと楽に、もっといいお部屋さがし。「マイナビBiz STAY」と「マイナビBiz サブスク社宅」で。

社宅・寮でも利用可!「マンスリーマンション」を法人利用するときのメリットや注意点

(配信日時 2019.10.18/更新日時 2019.10.18)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed
社宅・寮でも利用可!「マンスリーマンション」を法人利用するときのメリットや注意点

 

「マンスリーマンション」は、社員の方の『出張』や『転勤』、『研修』などで、宿泊施設として利用できるほか、昨今では社宅や寮として活用されるケースも増えています。
「マンスリーマンション」の活用は、一般的なマンションやアパートの契約に比べて物件手配やコストの負担が軽減できる可能性があったり、あらかじめ生活環境が整っているため社員の方の引っ越しの負担も減らせたりなど、会社にとっても社員の方にとってもいくつかのメリットがあります。
今後「マンスリーマンション」を法人として利用する場合に、知っておきたいメリットや注意したい点などを紹介します。

 

法人契約で「マンスリーマンション」を活用する方法

法人契約で「マンスリーマンション」を活用する方法

 

まずは、「マンスリーマンション」の具体的な活用事例を紹介します。どんなシーンで活用されているのでしょうか?

事例1:比較的長期の、一定期間の滞在が必要な出張や研修

・数カ月のプロジェクト期間だけ、社員が暮らす場所を用意したい
・新規出店の準備期間が終わるまで、出張する社員のためにマンションを用意したい
・1~2カ月の研修期間に合わせて、社員の宿泊場所を確保したい
など、こういった希望がある場合、「マンスリーマンション」活用の検討をおすすめします。

必要な期間だけ契約することができるので、1~2年単位で契約しなければならない一般的な賃貸物件に比べて経費が抑えられますし、生活に必要な家具・家電がそろっているため、「食生活」などの暮らしやすさの点でも、実際に住まわれる社員の方の納得のいく環境が提供できるでしょう。

事例2:社宅・寮

社宅や寮として賃貸物件を利用する場合、おおむね1年未満の契約なら、一般的な賃貸物件に比べて、「マンスリーマンション」のほうが経費を抑えられると言われています。また、「マンスリーマンション」の契約には、敷金や礼金、仲介手数料などがかからないのに加えて、あらかじめ家電や家具などの生活環境が整っているため、引っ越しや新生活準備の初期費用も最低限に抑えられます。

社員の方に社宅や寮を提供する際、「社有」や「借り上げ」などで提供する場合もありますが、入居期間や条件によっては、必要な期間だけ契約できて、初期費用も抑えられる「マンスリーマンション」の方が、コストが安く済む場合も。実際にかかる費用のシミュレーションを行い、検討するのがおすすめです。

 

「マンスリーマンション」を法人契約で利用したい! 契約までの流れは?

「マンスリーマンション」を法人契約で利用したい! 契約までの流れは?

 

次に、「マンスリーマンション」の法人契約は、どのように進むのかを紹介します。

1.物件を探して問い合わせる

「マンスリーマンション」を取り扱う運営会社は、ホームページなどで物件情報を掲載しています。希望の条件に合う物件が見つかったら、運営会社にメールや電話で問い合わせましょう。

また、「このような条件の物件を探している」と、あらかじめ運営会社に希望の条件を伝えて探してもらう方法もあります。希望するエリアや物件に関する必須事項、家賃、その他希望する条件を明確に伝え、比較して選べるように複数の候補を挙げてもらいましょう。

2.契約を締結する

条件に合った物件が見つかると、そのまま契約を進めることになります。運営会社から「定期借家契約書」「請求書」といった書類が送られてきます。必要事項を記入し、押印して返送しましょう。

契約する法人の、登記簿謄本の写しや、入居する人の身分証明書などの提出を求められる会社もあります。事前にどのような書類が必要になるか、ホームページや先方の担当者に確認しておきましょう。

3.請求書に従って入金する

請求書の指示に従って、家賃などの費用を入金します。

入金や書類の返送が遅れると、他の契約希望者が優先され、希望する物件に入居できなくなる可能性もあるので注意が必要です。期日までに書類の返送と入金をしましょう。

4.入居する

手続きが完了した後、契約開始日にスムーズに入居できるよう「鍵」の受け渡しが行われます。受け渡し方法は、郵送やデジタルロックキーを使って解錠する方法、運営会社に訪問して受け取る方法などがあります。
エリアや物件、運営会社によっても異なりますので、「鍵」の受け渡し方法や日程などをあらかじめ確認しておくと入居トラブルを予防できるでしょう。

5.退去する、または入居の延長をする

入居期間が終わり退去日を迎えたら、入居者が持ち込んだ荷物をすべて撤収し、鍵を返却します。退去時のごみの処分についても、運営会社側から指示があるのでよく確かめましょう。

入居を延長したい場合は、次の予約が入っていなければ相談に応じてもらえることもあります。延長の必要が判明したらすぐに相談しましょう。

 

「マンスリーマンション」を法人契約で利用する際に知っておきたいメリットや注意点

「マンスリーマンション」を法人契約で利用する際に知っておきたいメリットや注意点

 

便利な「マンスリーマンション」を法人契約で社員の方に提供するときは、以下のメリットや注意点などを知っておくとよいでしょう。

契約の「延長」はできるか?

「期間限定」の契約が基本ですが、次の予約が入っていなければ相談に応じてもらえることがあります。ただし、契約延長に伴う料金の発生や条件の変更などが生じる場合もありますので、その点は事前に確認が必要です。
延長するに当たって契約書の再締結や、家賃の前払い対応などが求められる場合もありますので、延長を希望する場合は早めに運営会社に申し出るのが安心です。まずは、問い合わせてみましょう。

「途中解約」や「キャンセル」はできるか?

「途中解約」や「キャンセル」に関する対応やポリシーは運営会社によっても多少異なりますが、あらかじめ契約書に、「途中解約」や「キャンセル」に関する規定が明記されている場合がほとんどです。
「途中解約」や「キャンセル」をしなければいけないようなやむを得ない事態になったとしても、契約の規定にのっとった対応となるため、前払いした家賃や諸経費が返還されるのは難しいと考えた方がよいでしょう。

あらかじめ「途中解約」や「キャンセル」をする可能性が分かっている場合は、契約日数を工夫するなどの対策をして、運営会社と自社、双方のトラブルに備えておきましょう。

「即入居/当日入居」はできるか?

急きょ決まった出張やイベントへの参加などで、「即入居/当日入居」の滞在先を探さなくてはいけない場面もあるでしょう。その際に味方となってくれる、即入居や当日入居の相談にも柔軟に応じてくれる運営会社もあります。対応可能な運営会社をインターネットなどで検索し、問い合わせてみましょう。

「家族」も一緒に住むことはできるか?

「マンスリーマンション」と聞くと、単身での滞在をイメージされる方が多いかもしれませんが、中には『ファミリー』対応のタイプや、『子供可』といった条件が提示されている物件もあります。
ただし、入居人数の上限が定められていたり、入居人数によって水道光熱費などが変わる場合があったりするので、運営会社に居住予定の人数を正確に伝えておく必要があります。
入居者として届け出ていない人を宿泊させる場合は、別途料金がかかるなどの規約を設けている物件もあります。

「特記事項」の有無

物件ごとにさまざまな「特記事項」が記載されていることがあるので、契約する前に必ず確認漏れのないように注意しましょう。

「特記事項」の例
・居室や設備などに汚損・破損などがあった場合の請求事項
・入居時申告された人数以外でのご利用や、宿泊者の報告なき変更などの罰則事項
など。

「法人特典」の有無

法人として「マンスリーマンション」を契約する場合、一定の割引が受けられるプランを用意している運営会社もあります。また、法人会員になると、社宅や社員寮などが必要になったときの手続きを簡略化できたり、入居後の社員の方の生活に不都合が生じた場合に、運営会社の担当者がサポートしてくれるシステムを導入していたりする企業などもあります。

例えば、「マンスリーマンション」を社宅や寮として活用することを検討する際、法人会員の特典の有無を確認しておくと、よりよい暮らしや環境を社員の方に提供できるのではないでしょうか。

 

まとめ

短期の出張時に利用されている印象が強い「マンスリーマンション」ですが、「比較的長期の、一定期間滞在が必要な出張や研修」の場合や、「社宅・寮」として活用されているケースもあります。「マンスリーマンション」はインターネットでも手軽に探すことができて、社宅や寮にかかるコストを抑えられる可能性もあるので、今後、社員の方に住まいを提供する必要が生じた際は、ぜひ視野に入れて活用を検討してみてください。

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら