一人暮らしを始めるときに知っておきたいこと 先に考えたいお金

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

一人暮らしを始めるときに知っておきたいこと 先に考えたいお金 (配信日時 2017.08.24/更新日時 2017.08.25)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

一人暮らしを始めるためにかかるお金

一人暮らしを始めるときは、部屋を借りるための費用、引越し費用、生活必需品の購入代など、かなりの額が必要になります。これらは一人暮らしを始める前に支払うものなので、前もって用立てておかなければなりません。

部屋を借りるための費用の目安は、進学地域によって異なりますが、一般的には敷金(2ヵ月)、礼金(2ヵ月)、仲介手数料(1ヵ月)、前払い家賃(1ヵ月)、火災保険料(2万円程度)、鍵の交換代(2万円程度)などがかかります。仮に家賃が6万円だとすると、最低でも40万円程度かかるということです。

次に引越し費用ですが、家具や家電など大きなものは引越し先で購入するようにすれば、荷物は衣類や本など身の回りのものだけなので、自家用車あるいはレンタカーで済ますことも可能です。

生活必需品の購入については、個人差があるので一概には言えませんが、テレビや冷蔵庫、洗濯機などの家電、ベッドやテーブルなどの家具、布団やカーテン、生活用品などにパソコンも含めると20万円以上かかると考えた方がよいでしょう。ただし、これは全て新品を購入した場合なので、家具や家電をリサイクルショップで調達するなどすれば、もう少し安く抑えられます。

毎月の仕送りはいくら必要か?

新生活がスタートすると、これからは毎月、生活費がかかります。先輩たちの学生時代の家賃を聞いてみると、5万円~7万円くらいが多く、中には3万円以下、10万円以上という人もいました。首都圏では6万円くらいが平均のようです。

生活費は毎月必ず出て行く固定費と、節約可能な変動費に大きく分けられます。固定費の目安は、水道・光熱費7500円、インターネット回線接続料5000円に家賃がプラスされます。変動費は食費2万円、携帯電話代7000円、交通費3000円、教材費5000円、日用品代3000円、交際費・娯楽費1万5000円といったところでしょう。家賃を6万円とすると、1ヵ月の生活費は12万5500円になります。

アルバイトしてを生活費の足しにしたいと考えている人もいるかもしれませんが、無理のしすぎは禁物です。学生はあくまで学業がメインであることを忘れてはいけません。親に負担をかけたくないという方は、奨学金を利用する人も多いようです。月々のアルバイト代、奨学金などを考慮し、仕送り額を決めると良いでしょう。

      一人暮らしの1ヵ月の生活費   
  水道・光熱費     7500円  
  インターネット接続料     5000円  
  携帯電話代    7000円 
  食費     20000円  
  交通費     3000円  
  教材費     5000円  
  日用品代     3000円  
  交際費・娯楽費     15000円  
   合計 65500円+家賃  ※あくまで概算です。

入学から卒業までにかかる学費

実家を離れて一人暮らしを始めるときは、たとえ学生であっても住民票を新しい住所に移さなければなりません。まず実家のある市区町村の役所で転出届を提出し、転出証明書を受け取ります。引越し後は14日以内に新住所の役所へ行き、転入届を提出します。いずれも手続きには身分証明書と印鑑が必要です。また、住民票を移動したときは、運転免許証も住所変更しておく必要があります。運転免許証の住所変更は、新住所管轄の警察署または運転免許試験場で行います。

住民票の移動は、法で定められた手続きです。「面倒だから」、「どうせ卒業したら実家に帰るから」などの理由で、住民票をそのままにしている学生もいますが、できれば正式に手続きしておきたいものです。

  大学に納める初年度納付金の目安  
 区分   授業料   入学金   施設設備費   合計 
 国立大   535,800円   282,000円   817,800円 
 公立大   536,632円   402,720円   939,352円 
 私立大文系   742,189円   252,307円   160,822円   1,155,318円 
 私立大理系   1,041,643円   268,709円   191,480円   1,501,833円 
 私立医歯系   2,982,058円   1,024,762円   885,828円   4,892,648円 

※出典:文部科学省調べ。
※国立大は標準額、公立大は2009年平均額、私立大は2010年平均額です。
※施設費、実習費、諸会費などを徴収される場合があります。



20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら