横須賀に住むなら(商店街・食)
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

横須賀に住むなら(商店街・食)

住むなら。横須賀に住むなら。

横須賀に住むなら

「もし横須賀に住むなら」をコンセプトに、アクセスや街の情報、エリア情報、賃貸情報をマイナビ賃貸編集部がレポートします!

英語が飛び交い、活気あふれる商店街

横須賀中央駅から米軍基地方面に伸びる三笠ビル商店街は、全長200メートルある商店街です。24時間防犯カメラが作動しておりいつ通っても安心、段差のないバリアフリー対応で、鮮魚店や青果店、衣料品店、飲食店など約70店舗が建ち並び、常にお客さんで活気にあふれています。

三笠ビル商店街を抜けて汐入駅方面に歩いていくと、日本とアメリカの雰囲気がミックスされた、飲食店・洋品店などバラエティに富んださまざまなお店が軒を連ね、横須賀の名所にも挙げられるどぶ板通り商店街に出ます。

昼はアメカジやスタジャンなどのファッション、海軍カレーやネイビーバーガーなどの横須賀グルメを目当てにやってくる観光客も多く、どの店に入ろうか目移りしてしまいます。しかし、夜はガラッと雰囲気が変わり、米軍関係者たちがバーなどで談笑しているので、自然と英語が飛び交います。そのため、生の英語に触れたい!という人は、夜に来て英会話の勉強をしながらお酒を飲み日米交流をしてみるのもいいかもしえません。

三笠ビル商店街の名前は戦艦三笠が由来。八百屋では常連さんと思わしき方が、値切り交渉をしていた。最後は店員さんが折れ、安く販売していた。こういった日常の雰囲気も情緒がある。

全長200mの商店街は段差がなく、お年寄りや子供連れも安心。途中、愛知県にある豊川稲荷(円福山妙厳寺)から祭神を分祀して建てられた「徳寿院」に続く参道があったが、頂上が見えない階段を見て参拝を断念。

洋品店や飲食店などさまざまなお店が軒を連ねている。団体の観光客がどの店で食事をするか会議する光景も。

戦前、ここにあったどぶ川の上に分厚い鉄板で蓋をし、その上に商店街が作られたことから、どぶ板通り商店街と言われている。

必食!本場のレシピを再現したネイビーバーガー

戦後に米軍を通じて広まり、今では全国的な知名度を誇る「ヨコスカネイビーバーガー」。どぶ板通り商店街には超人気の2店があり、歩いているとパテが焼けるいいニオイがあたりに広がっています。

まずは1967年創業の「HONEY BEE(ハニービー)」をご紹介。戦後まもなく、米海軍基地の食堂で修業した店主が本場の味を忠実に再現したあっさり味のネイビーバーガーは、年配の方にもファンが多数。

次にご紹介するのは、2009年に横須賀市との友好のしるしとして、米海軍から提供されたレシピに基づいて作られたハンバーガーを提供する「TSUNAMI(ツナミ)」。バンズは、海洋酵母を使い溶岩窯で焼き上げたお店の自慢。クセになる絶妙なもっちりとした食感を楽しむことができます。

1967年創業の「HONEY BEE(ハニービー)」。ランニングしてきたカップルがお店に来ていた。せっかく走ったのにカロリーオーバー!と思ったのは秘密。

青い鉄人が目印の「TSUNAMI(ツナミ)」。横須賀3大グルメと言われる、「ヨコスカネイビーバーガー」「よこすか海軍カレー」「ヨコスカチェリーチーズケーキ」の全てが食べられる。

歴代大統領の名前や空母の名前がついたハンバーガーは他のメニューと比べても圧倒的なボリューム!

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら