枚方市駅周辺に住むなら(緑地や休日スポット)
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

もっと楽に、もっといいお部屋さがし。「マイナビBiz STAY」と「マイナビBiz サブスク社宅」で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

枚方市駅周辺に住むなら(緑地や休日スポット)

住むなら。枚方市駅周辺に住むなら。

枚方市駅周辺に住むなら

「もし枚方市駅周辺に住むなら」をコンセプトに、アクセスや街の情報、エリア情報、賃貸情報をマイナビ賃貸編集部がレポートします!

どんな休日の楽しみ方でも高い利便性

枚方市エリア周辺での休日の過ごし方というと、真っ先に「ひらかたパーク」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。「ひらかたパーク」の最寄り駅は、枚方市駅から二駅離れた枚方公園駅(徒歩5分)にあります。絶叫系や探索系などの40を超えるアトラクション、プール(7/8~9/3まで)があるので、大人から子どもまで楽しむことができます。ちなみに「ひらかたパーク」の園長は、枚方生まれ枚方育ちの某有名アイドル。気になる人はインターネットで検索してみてください。

また、小さなお子さまがいる家庭には、枚方駅前にある「ボーネルンド トット・ガーデン 枚方T-SITE店」がおすすめ。室内なので雨の日でも子どもと一緒に遊べますし、枚方T-SITE内にあるので子どもたちと遊んだあとでパパとママが行きたいお店をひとまわり……というのもOK。ほかにも駅前には、ビオルネや京阪百貨店が入る京阪枚方ステーションモールなどがあり、ショッピングスポットには事欠きません。

また、毎月第2日曜日には、枚方市駅~枚方公園駅の京街道沿いで「枚方宿くらわんか五六市(ごろくいち)」というマルシェが開催されます。手作りの一品やフェアトレードなどをテーマに「こだわりの品物」を販売する飲食店や雑貨店などのお店が毎回約200店舗出店。お気に入りの一品が見つかるかもしれません。五六市の名前の由来ですが、枚方宿が東海道で56番目の宿場だったことから付けられたそうです。

ほかにも駅周辺には岡東中央公園などの複数の公園や後述の淀川河川敷もあり、緑地も十分に確保されているので、子育て環境としても非常によいのではないでしょうか。

散歩やランナーでにぎわう淀川河川敷

枚方市駅周辺住民だけでなく、近隣住民も一度は利用したことがある淀川河川公園は、遊歩道や駐車場はもちろんのこと、野球やサッカーができる淀川スタジアムも設置されています。また、一部のエリアで条件付きではありますが、BBQの実施もOK。そのため、休日は憩いの場として多くの人が訪れますが、地元住民は早朝や夕方の散歩やランニングを楽しむための場所となっており、皆思い思いのスタイルやスピードで、淀川の自然や風景を楽しんでいます。

枚方市駅から淀川方面に歩くと、河川敷までたどり着く手前に淀川資料館があります。ここには、自然・歴史・文化から河川改修事業まで、まさに「淀川のすべて」が紹介されています。

サッカーや野球、ランニングを行うことができる淀川河川敷

自然、歴史、文化から河川の改修事業といった淀川のすべてを紹介している「淀川資料館」

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら