千里中央駅に住むなら(休日の過ごし方)
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

もっと楽に、もっといいお部屋さがし。「マイナビBiz STAY」と「マイナビBiz サブスク社宅」で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

千里中央駅に住むなら(休日の過ごし方)

住むなら。千里中央駅に住むなら。

千里中央駅に住むなら

「もし千里中央駅に住むなら」をコンセプトに、アクセスや街の情報、エリア情報、賃貸情報をマイナビ賃貸編集部がレポートします!

万博のシンボル『太陽の塔』がそびえる公園

千里中央駅周辺の休日の過ごし方というと、やはり万博記念公園で1日をのんびり過ごすことをおすすめします。万博記念公園は、1970年に開催された日本万国博覧会の会場跡地に、さまざまな樹木や草花を植え、太陽の塔を中心に、自然の森、そして新たな緑の公園として再生したものです。おおよそ264ヘクタールの敷地内には、自然文化施設、文化施設、スポーツ施設、レジャー施設などが設置されています。

その中でもとりわけ有名なのは、1970年の万国博覧会当時から残る『太陽の塔』。芸術家の岡本太郎氏が制作した芸術作品でもあるこの塔は、高さが70mあります。塔の内部にはテーマ「生物の進化」に沿った展示物『生命の樹』が設置されています。塔の内部は万博後に非公開とされていましたが、多くの見学要望に応える形で何度か限定公開として行われ、そしてついに2018年3月19日から常時公開されています。これに合わせて万博開催当時、テーマ館地下展示「いのり」に設置されていた「地底の太陽」も復元され、万博当時の館内の姿を取り戻しました。


2018年3月19日から内部の常時公開が再開された『太陽の塔』

広大な園内は日本さくら名所100選にも選ばれており、桜の季節には多くの花見客でにぎわいます。文化施設としては国立民族学博物館や大阪日本民芸館などがあります。スポーツ施設としては、野球場や陸上競技場、サッカー専用スタジアム『Panasonic Stadium Suita(パナソニック スタジアム 吹田)』やアメリカンフットボール競技場『エキスポフラッシュフィールド』が設置されており、こちらもシーズンには多くの人々が集まります。

EXPOCITYは休日のレジャーもショッピングもOK!

万博記念公園内には、2015年にEXPOCITYがオープンし、休日などは多くの人でにぎわっています。この施設は、2009年(平成21年)2月に閉園したレジャー施設「エキスポランド」の跡地に設立された商業&レジャー施設です。大阪で人気の水族館・海遊館が運営する水族館『NIFREL』や日本最大級の観覧車『REDHORSE OSAKA WHEEL』、体験型英語教育施設『OSAKA ENGLISH VILLAGE』など、特徴的なエンターテインメント施設のほか、ガンダム専門ショップなど特徴的なショップもあります。また、商業施設『ららぽーとEXPOCITY』も併設されており、こちらではLOFT、無印良品、エディオン、アカチャンホンポなどの店舗をはじめ、TSUTAYA、スターバックス、カメラのキタムラがコラボした『TSUTAYA BOOK STORE』などがあり、ショッピングやグルメを存分に楽しむことができます。


水族館からグルメまで、おひとりさまでもファミリーでも『EXPOCITY』なら1日中楽しめる

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら