西院駅周辺に住むなら(交通・アクセス)
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

西院駅周辺に住むなら(交通・アクセス)

住むなら。西院駅周辺に住むなら。

西院駅周辺に住むなら

「もし西院駅周辺に住むなら」をコンセプトに、アクセスや街の情報、エリア情報、賃貸情報をマイナビ賃貸編集部がレポートします!

「さいいん駅?」「さい駅?」「西院」の読み方が路線によって違う!

京都市にある西院駅は、阪急電鉄京都本線と京福電鉄嵐山本線が走っています。実はこの同じ「西院駅」でも読み方が路線によって異なります。阪急電鉄は「さいいん」と読み、京福電鉄では「さい」と読みます。

京福電鉄の起源としては、1910年に嵐山電車軌道の西院駅として開業したのが始まりとされており、現在は1942年の路線譲渡により京福電鉄の駅になりました。

また、京福電鉄西院駅は、2017年の1日平均乗降人員は3,985人となっています。


京福電気鉄道 嵐山本線の西院(さい)駅。通称は嵐電(らんでん)です

阪急電鉄の駅は、新京阪鉄道が1928年に高槻町駅(現:高槻市駅)から延伸され、その終着駅として開業されました。また、阪急電鉄の西院駅周辺の路線は、第二次世界大戦前となる1931年に西院駅のすぐ西で地下に潜り、西院駅以東は四条通の直下を走る形で地下化されました。実はこの地下線、関西初の地下線で歴史的にも貴重なものとして土木学会選奨土木遺産に指定されています。また、坑口上の額には当時の社長による揮毫と、鷲のレリーフが運行の安全を見守っているそうです。

阪急電鉄西院駅は、2017年平均の乗降人員は37,897人となっており、阪急全線で見ると20位の乗降人員数となっています。平日の朝夕はホーム上で降車客が詰まっている状況が見られましたが、改札の新設などにより改善の傾向があります。


西大路四条交差点の南西角に位置する阪急西院駅の西改札口

以前は両駅が徒歩5分程度離れた距離にあったため、乗り継ぎで利用するには少し大変でしたが、阪急電鉄の出口増設や京福電鉄の嵐山方面行きホーム移設などにより、現在は駅どうしが直結して大きく利便性が向上しました。

路面電車やバスも大切な日常の移動手段

阪急電鉄の西院駅は、普通以外に準急、快速、急行通勤特急が停車しますので、朝夕の通勤ラッシュ時は結構混雑しますが、同時に利便性も非常に高いといえるでしょう。

京福電鉄嵐山本線は路面区間もある列車。すべて各駅停車の列車ばかりですが、観光客はもちろん地元住民の大切な移動手段として、多くの人々に愛され続けています。

また、阪急電鉄西院駅の西改札口側にはバス乗り場が設置されており、京都市営バス、京都バスが乗り入れています。こちらもさまざまな方面に向けた路線が広がっています。観光で京都に来ると、どうしても移動時間を短くしようとタクシーを使ったり、時間が読める電車を使いがち。だからこそ、バスでのんびり移動するのは京都に暮らす楽しみのひとつかもしれませんね。

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら