春日原に住むなら(余暇の過ごし方)
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

春日原に住むなら(余暇の過ごし方)

住むなら。春日原に住むなら。

<福岡県営春日公園>

春日原に住むなら

「もし春日原に住むなら」をコンセプトに、アクセスや街の情報、エリア情報、賃貸情報をマイナビ賃貸編集部がレポートします!

自然豊かで多彩な設備がそろう2大公園をチェック

緑が多く残る住環境が自慢の春日市。その魅力を支える場所として、福岡県営春日公園と白水(しろうず)大池公園という、2つの大きな公園が挙げられます。ここではまず、それぞれの公園の特徴について紹介していきましょう。

<福岡県営春日公園>


春日公園の中央部にある噴水広場。「春日奴国あんどん祭り」ではライトアップされ、数千の行灯とともに幻想的な雰囲気を演出します

昭和天皇在位50年の記念に、かつて在日米軍基地・春日ベースがあった敷地の30ヘクタールを公園として整備。1981年、県営春日公園として開園しました。春は約250本の桜が満開になることから、花見スポットとしても人気です。

<県営春日公園野球場>


春日公園の東側に位置する野球場。高校野球の福岡県大会や社会人野球、福岡六大学のリーグ戦など、福岡県内の代表的な大会が数多く実施されています

園内には、野球場や球技場、テニスコート、自然庭園、野外音楽堂のほか、1.6キロメートルのジョギングコースを整備。街なかにありながら、気軽にスポーツや自然が楽しめる場所として、幅広い年代に利用されています。

<パークステーション>


2017年にリニューアルしたパークステーション。公園の施設案内やイベント情報を提供する、地域コンシェルジュが常駐しています

公園の西側、レクリエーションゾーンには、パークステーションという施設があります。施設内には、イートインスペースのほか、ジョギングやウォーキングを楽しむ人用に備えられた更衣室、授乳、オムツの替えが可能な赤ちゃんの駅、未就学児向けの本やおもちゃをそろえるキッズルームを設置。3時間使い放題という、レジャーアイテムの貸し出しも行っています。

<児童コーナー>


パークステーションのすぐ近くにある児童コーナー。靴を脱いで裸足で歩くと体の悪いところを知ることができるという、「自然浴さんぽ路」というスペースもあります

児童コーナーも要チェックです。未就学児用のスプリング遊具をはじめ、アスレチック設備が豊富で、日中は子どもたちの楽しそうな笑い声が響き渡ります。

園内では毎年秋に、約10万人が来場するという春日市民の祭り「春日奴国あんどん祭り」が行われます。ステージショーやライトアップなど見どころも多いので、春日原に居住することになったらぜひ一度、訪れてみるといいですよ。

<白水大地公園>


13メートルの高さを誇る、白水大池公園展望台の最上階から見た景色。筑紫3大大池の一つ、白水大池の向こうには春日市や福岡市中心部の街並みが広がります

県道580号沿い、春日市下白水にある白水大池公園です。福岡県粕屋町の駕与丁池、福岡県直方市の感田池と並び、“筑前三大大池”の一つに数えられる白水大池を有する、水と緑の豊かな自然スポット。池の周囲に整備された約2キロメートルの遊歩道は道幅が広く、自転車は手で押して通行するルールになっているため、安心してジョギングやウォーキングが楽しめます。

<ちびっこ広場>


ユニークでカラフルな遊具をそろえる「ちびっこ広場」。ネットを張り巡らせた大型のロープ遊具は、子どもたちに人気です

公園の西側には、「ちびっこ広場」があります。トンネル式滑り台やアスレチック遊具など、福岡県内最大級の18種の遊具を設置。週末を中心に親子連れでにぎわいます。隣接地には、大型商業施設の春日フォレストシティもあり。買い物の休憩スポットとしてもおすすめです。

<星の館>


“街なかの天文台”として地元民に親しまれる、星の館(やかた)。通常は金土日の14時~21時、夏場は21時半まで開放されています

公園北側の小高い丘には、入場無料の天文台・星の館(やかた)があります。館内には星座解説のDVDや宇宙に関する本が充実。定期的にイベントも行われています。また、丘の直下に広がる多目的広場は、天然芝が美しいサッカー・ラグビーの専用球技場として一般にも開放。福岡県中体連大会など、大規模な大会も行われています。

幅広い年代に愛される春日市営の施設でリフレッシュ

趣味やレジャー、自分磨きに最適なスポットも豊富です。ここでは、春日市が運営する主な公共スポットをご紹介しましょう。

<春日市総合スポーツセンター>


西鉄春日原駅より徒歩20分ほどの場所に位置。第3月曜(祝日の場合は、一番近い後営業日)と年末年始が休館日となっています

2016年、生涯スポーツの推進と競技スポーツの振興拠点、避難施設の中核として整備されたスポーツ施設です。約4万平方メートルの敷地には、メインアリーナ、フィットネス室、卓球場、武道場、弓道場を備える体育館のほか、多目的グラウンド、野球場、テニスコート、相撲場、650メートルの遊歩道を配置。温水プールでは25メートルプールだけでなく、滑り台や子ども用プールがあり、1年を通して幅広い年代が利用しています。

<春日市ふれあい文化センター>


1995年に開館した、春日市ふれあい文化センター。施設内には、保育資格を持ったスタッフがいる託児スペースが設けられており、生後6か月の赤ちゃんから小学生まで利用できます

春日市総合スポーツセンターと隣接して建つ文化施設。音楽、演劇、コンサートなど、さまざまなイベントが開催されています。同館1階にある春日市図書館は、福岡県内最大級の30万冊以上を所蔵。2004年には、「子どもの読書活動優秀実践図書館」として、国から表彰を受けました。

<クローバープラザ>


総合福祉、男女共同参画、人権啓発の3センターを三つ葉のクローバーにたとえて施設名を命名。グラウンドでは定期的に、フリーマーケットが開催されています

JR春日駅西口を出てすぐの場所にある、福岡県が運営する文化・スポーツ複合施設。主に研修や講座、イベントなどで利用されています。アリーナ棟には体育室や卓球室のほか、子ども用プールも備える温水プールも併設されており、親子連れでの利用も多いようです。

春日市近郊にある屋内レジャースポットもおすすめ

映画館にボウリング場、大型の屋内アミューズメント施設と、雨の日も楽しみ方はいろいろ。ここでは、西鉄春日原駅から徒歩圏内にある3つのスポットをピックアップしました。

<イオンシネマ大野城>


イオンショッピングセンター大野城の4階にある映画館。3スクリーンが、3D映画にも対応をしています

イオンショッピングセンター大野城内にある、シネマコンプレックス。館内には、116~418席を有する8つのスクリーンがあります。西鉄春日原駅から徒歩5分の場所にあるので、学校や仕事帰りにふらっと行けるところも魅力。イオン内の駐車場に車を停めれば、映画上映時間分が駐車場無料になるところもポイントです。

<フラワーボウル>


西鉄春日原駅から徒歩圏内。40レーンすべてノーガーターレーン対応可能ですので、初心者も子ども連れの方も安心してボウリングが楽しめます

西鉄の新駅近く、県道518号沿いにあるボウリング場。ニューヨークによく見られるナイトクラブのような、照明を落としたシックな雰囲気でプレーが楽しめます。また、フロア内には、スポーツバーも設置。併設の居酒屋では、ボウリングの2ゲームプレー代とコース料理さらには2時間飲み放題が付いた、お得なコースがあります。

<ラウンドワン大野城店>


国道3号や福岡都市高速道路沿いでひと際目立つ、大きなボウリングのピンが目印。西鉄春日原駅から徒歩約20分です

「春日中央通り」をまっすぐ東、国道3号と交わる交差点の角近くには、複合娯楽施設・ラウンドワン大野城店があります。店内には、カラオケやアミューズメントコーナーなどがあり、一日中楽しく遊べるところが魅力。最新のスクリーンレーンを導入するボウリング場では、迫力の映像とサウンドとともにゲームが楽しめます。駐車場は175台を完備。店舗利用の場合は無料となります。

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら