我孫子に住むなら(生活環境)

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed
住むなら。我孫子に住むなら。

「もし我孫子に住むなら」をコンセプトに、アクセスや街の情報、エリア情報、賃貸情報をマイナビ賃貸編集部がレポートします!

我孫子の物件を探す

保育園の待機児童は、昭和61年以降ゼロ! 充実した子育て支援は我孫子市の最大の魅力

我孫子市の魅力のひとつに、市の積極的な子育て支援策が挙げられます。首都圏の各地で待機児童問題が叫ばれる中、我孫子市は昭和61年以降待機児童数はゼロ。学童保育室も待機数ゼロを継続しているそうです。その原動力となっているのが、市役所が掲げる「子育てしやすいまちづくり」の政策。保育園の数を需要に合わせて計画的に整備しているほか、子育てを支援するさまざまな取り組みを実施。こうした支援策が、待機児童ゼロにつながり、子育てがしやすいという我孫子のひとつの魅力を作り上げてきたのです。その一例をご紹介します!


主な子育て支援サービス

あびっ子クラブ

子どもたちが安全に遊べる場として学校の敷地の一部を開放。市のスタッフの他、年配の方も含めた地域のボランティア(登録制)がサポーターとして常駐。おじいちゃんと子どもが囲碁などで一緒に遊ぶなど、子どもたちの遊び場としてだけではなく、地域のコミュニティの場にもなっています。

子育て支援施設

主に就学前の子どもと親御さんが遊びに行ける公立の施設。我孫子駅周辺ではアビイクオーレ(イトーヨーカドー我孫子南口店)内にあり、ママ友作りの憩いの場にもなっています。利用料は無料。

enjoyパパ応援プロジェクト

その名のとおり、パパにも積極的に育児に参加してもらうよう、講師を招いての親子遊びや、パパの料理教室などのイベントを開催。最近はパパ友作りの場にもなっているそうです。

このほかにも「ママヘルプサービス」や「子ども一時預かり保育」など、子育てサポートはたくさんあります。注目したいのは、こうしたさまざまな施策をとおして、地域の人々の交流が活性化していること。個々の家族はもちろん、我孫子にはそれぞれの地域全体で子どもを育てるという雰囲気が根づいているのでしょう。人口が10万人を超える千葉県内の中で我孫子市の犯罪率はもっとも低いというデータもあり、こうしたコミュニティが安全な街づくりに少なからず影響しているのではないかと思うのです。


大型商業施設はないけれど、大小のスーパーがあちこちに点在!

我孫子駅周辺を探索してみると、スーパーが適度に点在していることに気づきます。駅周辺には、北口・南口にそれぞれイトーヨーカドーがあり、駅から離れたところにも、小規模ながらも品揃えが充実したスーパーがいくつもありました。特に我孫子のシンボルでもある手賀沼沿いの道路は開発が進み、ケーズデンキやカスミ、マツモトキヨシなどの大型店に加え、大小の飲食店が集合。距離にしておよそ1kmくらいですが、我孫子市民にとっては買い物のメインストリートになっているようです。

カスミケーズデンキ

マツモトキヨシサンドラッグ手賀沼沿いを走る若松地区の道路には、大型店舗が密集。写真の有名店舗の他にも「COCO’S(ココス)」や「夢庵」、「AOKI」、「眼鏡市場」など、生活に密着した店舗が数多くあります。


大型マンションが建ち並ぶ駅北口。緑も多く、心地いい雰囲気に

南口とは異なり、北口の線路沿いや駅近辺には大型マンションが建ち並びます。国道6号線を越えると、団地や区画整理された住宅街へ。さらに北へ進むと視界は突然と開け、畑などの田園風景へと景色は移っていきます。大型店舗が増え、便利になっていく南側の手賀沼周辺に対し、北側はマンションなどの開発が進む一方で、駅から離れれば田園風景が今なお残っています。

北口エリア北口エリアまるでホテルのようなエントランスの高級マンションや大型マンションが建ち並ぶ北口エリア。このあたりは日本の高度成長期を支えた日立精機の工場跡地を区画整理しマンション群へと再開発されました。

住宅街駅前から北へ向かうメインストリートには、街路樹などの緑が整備され、歩いていても心地よい。区画整理された住宅街にはオシャレな一軒家も多く、憧れのマイホームに夢も膨らみます!

畑住宅街を抜けると畑が広がる開けた場所に。駅前から自転車でおよそ15分ほど走っただけで、こうしたのどかな風景に出会えることも我孫子の魅力のひとつです。


スーパーにはない採れたて新鮮野菜に出会う

気になっていた、手賀沼沿いの野菜直売所「あびこん」に行ってみました。こちらは、我孫子産の野菜をはじめ、おもに千葉県内で採れた野菜を販売。今はトマトが旬とのことで、棚いっぱいに真っ赤なトマトが積まれていました。こうした直売所は、採れたてのものばかりなので知っているようで実は知らないことの多い旬の野菜がわかるからおもしろいですね。新鮮な野菜が買えるとあって、「あびこん」は地元の人の台所にもなっているそうです。
場所は変わって北口を散策していると、道路沿いに突如と現れる小さな八百屋を発見。こちらの「産地直送採れたて野菜テラダファーム」は、月・水・金の週3日間のみ、近隣の茨城県取手市から出張販売に来ているお店。4畳くらいしかない小さな店内には所狭しと「茨城産」の野菜が並んでいました。まだ土がついているような本当に採れたての野菜ばかり。こうした野菜直営所が身近にあると、食生活も豊かになりそうですね。
こんなふうに我孫子駅周辺は、繁華街や大きな商業施設があるわけではないけれど、日々の生活をする上で十分な施設や店舗がギュギュっと凝縮されているという印象です。車があればさくっと買い物に出てさくっと帰れますが、どこでも自転車で行ける距離なので、車がなくてもそれほど不便さを感じることはないと思いますよ。

あびこんあびこん手賀沼沿いにある、あびこ農産物直売所「あびこん」。駅からは離れているけれど、取材中もひっきりなしに多くの人が買い物に訪れていました。

テラダファームテラダファーム駅の北口周辺を歩いていたら偶然見つけた「テラダファーム」。まだ土の付いた採れたて感にぐぐっと惹かれました。


一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら