我孫子に住むなら(ココがオススメ)

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed
住むなら。我孫子に住むなら。

「もし我孫子に住むなら」をコンセプトに、アクセスや街の情報、エリア情報、賃貸情報をマイナビ賃貸編集部がレポートします!

我孫子の物件を探す

のどかな時間が流れる手賀沼は、市民の生活の一部!

駅周辺を探索してみて感じた印象深いことは、マンションや住宅密集地でもかならず“緑”があること。小さいながらも芝生のある公園が数多く点在し、憩いの場となっているようでした。その中でも手賀沼は、住民とって生活の一部。手賀沼周辺の公園では、広い芝生の上で遊ぶ子どもたちの姿や、釣りを楽しむ人、遊歩道をランニングする人、絵を描いている人、ただただベンチに座り、手賀沼をながめている人など、さまざまな人に出会いました。我孫子市の最大のオススメポイントは、やっぱりこの手賀沼の存在。手賀沼周辺でそれぞれ思いのままに過ごす人々を見ると、水辺のほとりに住む生活がうらやましく感じられたのです。

昭和40年代、我孫子市周辺では急速な宅地開発が進み、大量の生活排水が手賀沼に流出。かつて漁師たちがすくって飲んだと言われるほどきれいだった手賀沼の水は瞬く間に汚染され、一時は“日本一汚い沼”という不名誉な時代もありました。しかし、今では浄化がかなり進み、ヨットやカヌーで遊ぶ人や、トライアスロンなどの大会も開催されています。白樺派の文人たちが愛した手賀沼の風景を、少しずつですが取り戻しつつあるようです。

Enjoy手賀沼!市民により手賀沼に親しんでもらおうと毎年5月に開催される「Enjoy手賀沼!」のイベント。カヌー体験や遊覧船観光など、手賀沼を遊ぶイベントが盛りだくさんで多くの人で賑わいます。

白鳥白鳥人が近くにいてもまったく気にしない白鳥の親子。手賀沼には、日本で唯一の鳥だけの博物館もあり、11月にはジャパンバードフェスティバルという全国から人が集まる一大イベントが開催されます。

絵を描く人釣りを楽しむ人絵を描く人、釣りを楽しむ人、思いのままに手賀沼を楽しんでいます。ちなみに絵を描いているおじいさんに話しかけたら、手賀沼の汚染の歴史を聞くことに。「昔とは何もかも違う。それでも手賀沼からは離れられないんだね」というお話は、時間を忘れて聞き入ってしまいました。

手賀沼周辺手賀沼周辺

手賀沼周辺手賀沼周辺手賀沼周辺を散策していると、さまざまな景色にも出会います。芝生の公園も多く、お気に入りの場所を見つけるのも楽しそう。ちなみに手賀沼の周囲はおよそ38km。一部工事中の場所もあるけれど、遊歩道が整備され、サイクリングやランニングに最適です。手賀沼を眺め、緑に囲まれながら気持ちのいい汗を流せます!

手賀沼ふれあいライン手賀沼周辺を走る「手賀沼ふれあいライン」には、自転車道と自動車道が分けられ、快適なサイクリングが楽しめます。ロードバイクを楽しむ人にとっては、うれしい環境ですよ!


文人たちの夢の郷

手賀沼のほとりは、かつて別荘地として多くの文人たちに親しまれた地。明治から大正時代にかけて一世を風靡した白樺派の柳宗悦、志賀直哉、武者小路実篤をはじめ、昭和まで活躍した国際ジャーナリスト杉村楚人冠や、日本の西洋史学を確立させた村川堅固など、そうそうたるメンバーが我孫子に集まり、それぞれ執筆活動をしながら互いの夢を我孫子の地で語り合ったそうです。その跡地が今なお残っており、観光スポットにもなっています。我孫子市のふたつめのオススメポイントは、この大正ロマンを彷彿とする文人たちの夢の郷。一見の価値ありです。

旧村川別荘旧村川別荘竹林に囲まれた旧村川別荘。入場無料。文人に想いを馳せるのもよし。100年前の貴重な建物に想いを馳せるのもよし。秋には庭の樹木が真っ赤に紅葉し、四季折々、また違った風情が楽しめます。

杉村楚人冠記念館天神坂明治末期から昭和前期に活躍したジャーナリスト・杉村楚人冠の旧邸を整備した「杉村楚人冠記念館」(入場料300円)。また、かつて文人たちがその夢を語らいながら歩いたという「天神坂」。大正時代の趣を感じさせる石畳の坂道は、まるでタイムスリップしたような気分に浸れそう。


市民の力で開催される「手賀沼花火大会」は我孫子の一大イベント!

3つめの我孫子市のオススメポイントは、市民向けのイベントが1年を通して数多く企画されていること。その中でももっとも盛り上がるのが、8月の手賀沼花火大会。毎年15~16万人の人出が手賀沼周辺に集まり、13,500発の花火が手賀沼を彩ります。東日本大震災以降、開催を自粛していましたが、昨年は3年ぶりに復活。しかも市民の力も借りて打ち上げようと、市が開催費用を募金したところ、約330万円もの大金が集められたそうです。それだけ手賀沼の花火大会は市民に愛されるということ。そんな市民の夢と希望を乗せた今年(2014年)の花火は、8月2日土曜日に打ち上げられます!

手賀沼花火大会夏の夜空を彩る手賀沼花火大会。1年の中でも我孫子市全体がもっとも盛り上がるイベントです。(撮影:髙津忠雄さん)


限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!
一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら