千葉市に住むなら(開発が進む”今”の千葉市)

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム
  • マイナビ賃貸TOP
  •  / 
  •  / 
  •  / 千葉市に住むなら(開発が進む”今”の千葉市)

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed
住むなら。千葉市に住むなら。

「もし千葉市に住むなら」をコンセプトに、アクセスや街の情報、エリア情報、賃貸情報をマイナビ賃貸編集部がレポートします!

千葉市の物件を探す

市内のあちこちで再開発事業が進行中。
ますます便利で、快適な街に生まれ変わる!

現在、千葉市内のあちこちで再開発のプロジェクトが動いています。その筆頭が、「千葉駅」。現在は耐震性能向上のため、全面建て替え工事中です。コンコースを線路上空の3階に移設することで、東口と西口が同一階になり、千葉都市モノレールへの乗り換えもスムーズに。また、駅ビルの建て替えや駅ナカの充実も進められています。また、西口駅前には『WESTRIO』という3棟のビルが完成。より使いやすく、魅力的な駅へ生まれ変わろうとしています。

WESTRIO10月1日に完成した西口再開発ビル『WESTRIO』。中央の建物、『WESTRIO2』は、コンコースで西口自由通路、西口広場ペデストリアンデッキと接続しています。

その他「千葉駅」以外にも、千葉市では多くの再開発事業が展開中です。都心より安い家賃、しかもきれいな街並みで暮らしたいという方にぴったりのエリアをご紹介しましょう!


「蘇我駅」周辺でのショッピングは、無料シャトルバスで楽々アクセス

「蘇我駅」西口から徒歩15分。川崎製鉄(現JFEスチール東日本製鉄所)の工場敷地を再開発して誕生した『ハーバーシティ蘇我』。『アリオ蘇我』『ホームズ蘇我店』『フェスティバルウォーク蘇我』と3つの大型施設がオープンし、生活利便性や街の魅力が一気に向上しました。同じ頃、『蘇我スポーツ公園』内には、ジェフユナイテッド市原・千葉のホームスタジアム『フクダ電子アリーナ』が完成。多くのファンが詰め掛けています。

シャトルバス蘇我駅西口から『ハーバーシティ蘇我』まで徒歩圏内ですが、平日は15分に1本、土曜・日曜・祝日は10分に1本運行するシャトルバスも利用可能。多くの方に利用されています。

アリオ蘇我『イトーヨーカドー蘇我店』と98の専門店が入る大型商業施設『アリオ蘇我』(10:00~22:00※フロア・階によって営業時間は異なる)は、写真には収まり切らないほどに広い!一通りの買い物が出来るほか、レストラン街なども備えています。


恵まれた住環境と利便性を両立。「千葉みなと駅」周辺エリア

「千葉都市モノレール」の他、JR「京葉線」が乗り入れ、都心へのアクセスが良好。「千葉駅」までモノレールで4分、歩いても20分程度で行けるエリアです。ここ数年、マンションが猛スピードで建設されていて、散策中もあちこちで工事が進められていました。整備された街並みは道路が広くて歩きやすい! オーシャンビューも大きな魅力です。
また、周辺には『千葉市役所』などの公共施設が集積していました。市役所の近くに『みなと公園』がある他、『千葉県立美術館』や『千葉港』の遊覧船など、休日を充実させてくれそうなスポットも点在。そして何と言っても『千葉ポートタワー』の存在感は格別です!(天気が良い日には、富士山も見えるそうですよ!)尚、『千葉ポートパーク』には、芝生広場やテニスコートなどが整備されています。あぁ、優雅な休日が目に浮かびます……。

千葉みなと駅海と緑に恵まれ、穏やかな雰囲気に包まれた千葉みなとエリア。駅の近くには市役所やスーパーといった生活施設に加え、公園や美術館まで! 子どもから大人まで充実した時間が過ごせます。

マルエツ・プチ駅直結の『マルエツ・プチ』(24時間営業)は2011年にオープン。千葉県内では初出店なのだそう。深夜でも営業しているので、仕事帰り、お世話になること間違いなし! 他にも、『スーパーカワグチ生鮮食品館激安市場店』(9:30~21:00)などスーパーが充実しています。


ヨーロッパ調の街並みが広がる、幕張ベイタウンがアツイ!

幕張新都心の玄関口「海浜幕張駅」。駅前には『三井アウトレットパーク幕張』がある他、イオンやシャープ、富士通、通販チャンネルでお馴染みのQVCなどの本社があります。また、『幕張メッセ』でのイベント開催や、『ZOZOマリンスタジアム』で野球の試合があると、大勢の乗客で賑わいます。千葉市内で「千葉駅」に次いで2位の乗客者数という話も納得ですね。
そんな「海浜幕張駅」周辺が、更なる発展を遂げつつあります。『幕張海浜公園』『県立海浜幕張公園』『花見川緑地』という3つの緑地に囲まれた『幕張ベイタウン』エリアです。少し歩けば公園の緑に触れ合える環境、そして、ヨーロッパを意識してデザインされた街並み。そして注目すべきは、電力・電話・CATVなどのケーブルが地下の共同溝に埋設されていること。電柱・電線がない空って、こんなに広いんですね! 美しい街並みを、さらに洗練された空間に引き立てています。一度歩けば「こんなところに住んでみたい!」と思う方も多いのではないでしょうか?

ベイタウンベイタウン1989年に開発計画がスタートした、幕張新都心の住宅地区『ベイタウン』。パリやロンドンの沿道型住宅を設計コンセプトとしていて、整備された街並みが清々しいです。

前述の通り「海浜幕張駅」は、イオン本社ビルがある場所としても知られています。いわば“お膝元”とも言えるこの地に12月、国内最大級、約350の専門店が入る『イオンモール幕張新都心』がオープン! ショップや飲食店に加えて、温泉施設やペット向けの大型施設、映画館、総合スポーツ施設、アミューズメントパーク、ホテルや病院まで備えているというから驚きです。今まで以上に住環境が充実することは、間違いなしですね!

海浜幕張駅駅周辺にはたくさんのビルやホテル、ショッピングセンターが林立。『幕張メッセ』や『ZOZOマリンスタジアム』といった施設を目当てに多くの人が集う、千葉市を代表するエリアです。


一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら