世田谷区(京王線)に住むなら(千歳烏山)

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed
住むなら。世田谷区(京王線)に住むなら。

「もし世田谷区(京王線)に住むなら」をコンセプトに、アクセスや街の情報、エリア情報、賃貸情報をマイナビ賃貸編集部がレポートします!

京王線の物件を探す

京王線千歳烏山駅は、一人暮らしの学生・社会人だけでなく、ファミリーにも住みやすい活気溢れる街!

初めまして、こんにちは。マイナビ賃貸編集部のしんごです。3月に入り、寒さもだんだん和らいできて、少しずつ春を感じる季節になってきました。4月から新生活を始められる方は、今まさにお部屋探しをされているのではないでしょうか。

今回は、都心から西に延びる「京王線」沿線をご紹介していきたいと思います。その中でも都心へのアクセスの良さから「学生」や「社会人」に人気があり、一方で、落ち着いた雰囲気の住宅街も多く、暮らしやすい住環境を求めて移り住む人が多い“世田谷区”の「千歳烏山」「下高井戸」「明大前」「代田橋」の4つの街をご紹介していきたいと思います。


都心へも、都内西部へもアクセスしたい人に「千歳烏山駅」はぴったり!

「千歳烏山駅」は、新宿から八王子までを走る京王線の中で、東京23区内の一番西側の駅。急行・区間急行・快速・各駅停車の4つのタイプの電車が止まる利便性の良さに加え、お手ごろな家賃帯で「23区内に住みたい」「世田谷区に住みたい」という憧れを叶えてくれる駅なので、昔から住んでいる方の他に、一人暮らしの社会人や学生さん、若い夫婦の方、子育てを始められたばかりのファミリーの方々が多く住んでいます。
都内方面(上り)の「新宿駅」までは、急行で約15分、「明大前駅」で乗り換えれば「渋谷駅」まで約14分(京王線急行利用、井の頭線乗り換え)、と2大ターミナル駅にも15分以内で行くことができます。

京王線急行停車駅「千歳烏山」駅から都内主要駅への分数

新宿駅・・・16分(※京王線(急行)利用、「笹塚駅」で京王線に乗り換え)
渋谷駅・・・21分(※京王線(急行)利用、「明大前駅」で京王井の頭線(急行)に乗り換え)
東京駅・・・37分(※京王線(急行)利用、「新宿駅」でJR中央線(快速)に乗り換え)
吉祥寺・・・27分(※京王線(急行)利用、「明大前駅」で京王井の頭線(急行)に乗り換え)
池袋・・・30分(※京王線(急行)利用、「新宿駅」でJR埼京線に乗り換え)
銀座・・・40分(※京王線(急行)利用、「新宿駅」でJR中央線(快速)に乗り換え、「四ツ谷駅」で東京メトロ丸ノ内線に乗り換え)
品川・・・42分(※京王線(急行)利用、「新宿駅」でJR山手線に乗り換え)

千歳烏山駅南口

千歳烏山駅西口

通勤時間帯となる朝7時~8時台では「新宿駅行き」、「本八幡駅行き(直通)」の電車がひっきりなしに停車していて、その本数は1時間の間に26本! 分数で計算すると、約2分おきに電車が発停車している計算です。急行、区間急行、各駅停車のさまざまな電車が入り混じっているので、それぞれの通勤スタイルに合った電車が選べます。(各駅停車は、急行や区間急行に比べても、比較的朝でも空いているので、座って新宿方面へ行くこともできます)

急行停車駅「千歳烏山」駅からの豊富な発車本数
(※平日、上り(京王線「新宿」・都営新宿線「本八幡」)方面)

・7時台・・・26本(うち急行6本、区間急行8本)
・8時台・・・26本(うち急行8本、区間急行8本)
・9時台・・・15本(うち急行1本、区間急行6本)

また、京王線沿線でたびたびメディアに取り上げられ話題になる「開かずの踏切」の問題がありますが、先日、東京都から京王線の「仙川駅」から「笹塚駅」付近までの約7.2kmについて、鉄道を高架化し、道路と鉄道を連続的に立体交差する事業について発表がありました。最新の情報(※2014年3月5日時点)によると25箇所の踏切を除却していくそうなので、「開かずの踏切」で待たされる問題も解消されそうですね。ますます駅前の快適さが上がりそうです。尚、詳細は、東京都のホームページをご確認ください)。

また、「千歳烏山駅」は、都心への通勤だけでなく、都内西部へも通勤・通学しやすいのも魅力の一つ。「調布」「府中」「多摩センター」「八王子」方面に通勤・通学される方でも、「23区内に住みたい」という希望がある場合、引越し先の候補に入れてみても良いでしょう。
上記エリアへ通勤・通学する場合、急行電車を利用すると、「調布駅」へ2駅11分、「府中駅」へ4駅21分、「多摩センター駅」へ5駅26分、「京王八王子駅」へ9駅42分と、乗り換えなしの快適なアクセスが可能。また、朝の通勤時間帯の下り方面の電車は、上り電車に比べて空いているため、ゆっくり座りながら通える可能性も高いでしょう。


南北への移動は、便が充実した「バス」を活用するのがオススメ! 吉祥寺・杉並区方面にもラクラク移動!

「千歳烏山駅」には、駅の北口、南口にそれぞれバス停があります。北口のバス乗り場からは、「高井戸」「吉祥寺」「荻窪」といった京王井の頭線、JR中央線、東京メトロ丸の内線の沿線駅へ、南口からは、「成城学園前」「千歳船橋」といった小田急線沿線の駅へ移動することができます。

「吉祥寺」や「荻窪」などの人気の街に気軽に行けますし、ゆっくり座れることも多いので、快適に移動することができます。また、電車は他路線への乗り換え時にホーム移動や階段の上り下りがありますが、バスは目的駅まで直接連れて行ってくれるので、移動先によっては電車よりラクに移動できるのも魅力ですね。バスを活用すると、行動範囲が広がり、他路線も活用すれば乗り換え1回で行けるエリアがグッと増えるので、アクセス手段の一つとして検討してみるのもよいのではないでしょうか。京王線で東西に移動ができ、バスでは南北に移動できる。バスを活用すれば、条件のよいアクセス手段が手に入ると思います。

千歳烏山駅北口

千歳烏山駅南口

また、マイカーを利用される方であれば、駅の北側を通る甲州街道(国道20号)や環状8号線(通称:カンパチ)などの活用も視野に入れておくと良いのではないでしょうか。「千歳烏山」エリアは、首都高新宿線の高井戸ICも近いため、車でのお出掛けにも便利なエリアですよ!


八百屋、惣菜、鮮魚点など150以上の商店が集まる「えるもーる烏山」をはじめ、大型スーパーも揃う生活利便性が高い街!

「千歳烏山駅」は北口・南口、どちらの方面の商店街にも、スーパーマーケットや惣菜のお店、コンビニなどが並んでいて、帰り道に様々なお店に立ち寄ることができます。例えば、スーパーマーケットの場合、北口には24時間営業の「西友」や「オオゼキ」、南口には「ライフ」といった大型スーパーがそれぞれあります。どちらの方面に住んでも駅からの帰り道にわざわざ遠回りすることなく、大型スーパーで買い物をして帰ることができます。スーパーも大型店舗だけでなく、食品専門スーパーマーケット「シミズヤ」も南口を出たすぐのところにあり、品質にこだわりたい人はこちらを覗くと良いのでは? 「千歳烏山」エリアがTV番組で紹介された際、“高品質な食材が手に入る食品専門スーパー”として選ばれたのだそうですよ(公式サイトより)。

えるもーる烏山えるもーる烏山

スーパー写真北口西友南口ライフ

また、駅周辺をふらっと散策している間に見つけたのですが、「千歳烏山駅」北口にあるJAの農産物直売所「ファーマーズマーケット千歳烏山」も知っておくと良い情報。世田谷エリアでその日の朝に採れたばかりの野菜が販売されていて、採れたての新鮮な野菜が簡単に手に入ります。地元の方にも好評、とのこと。野菜の品質にこだわりたい人は、重宝されるのではないでしょうか。

ファーマーズマーケット千歳烏山


子ども向けの広場や子育て支援施設など、子育てファミリーにとってうれしい環境がいっぱい!

まず、駅から南側のバス停前には、世田谷区直営の子育て支援施設「京王キッズプラッツ烏山」(東京都認可保育所)があります。施設内には、子育てをされている方同士が交流できる広場やお子さんを2時間単位で一時預かりができる施設、病児病後児保育室などがあって、誰か身近な人に頼れないときなどに心強いサービスや施設も。子育てで地域の協力が得られるのであれば、これから子育てを始めていきたいファミリーにとっては、非常に住みやすい街と言えるのではないでしょうか。

子育てステーション烏山

子ども広場子ども向けの広場や子育て支援施設など、子育てファミリーにとってうれしい環境。

また、取材に行ったのは平日の昼間だったのですが、駅前でよく見かけたのはお子さん連れの方たち。北口の烏山区民センター前の公園で、子どもを遊ばせているファミリーの方たちの姿が見られました。その他にも、「芦花公園」といった大きい公園も駅から徒歩15分の距離にあって気軽に利用できるので、子どもを外で遊ばせてのびのびと育てたい、と考えている親御さんには、非常にポイントが高いエリアでしょう。


駅前には、公的な手続きができる「烏山区民センター」があって便利!

駅北口から徒歩3分の場所には、世田谷区の区民センター、烏山総合支所があります。ここでは、公的な手続きや書類の発行、各種区民向けの行政サービスが受けられます。住民票などの書類が急に必要になったときなどに頼れますね。その他、区民センター内には、4Fに「烏山図書館」が、総合支所の地下1階には夜間休日の小児科、内科の救急診療所が入っています。

区民センター写真

区民センター前広場写真センター前は広場になっており、定期的にイベント(夏まつりやJA東京中央による野菜や花の即売会など)が行われているそう。取材した日は、健康診断のバスが停まっていました。


その他のオススメスポットは?

世田谷文学館

「世田谷文学館」は、「千歳烏山駅」から新宿方面に一つ隣りの駅になる「芦花公園駅」が最寄り駅。徒歩5分の場所にあります。緑に囲まれたガラス張りのモダンな建物は、閑静な住宅街の中でも一際目立つ存在。入り口の前の池には鯉が泳いでいて、眺めているだけで癒やされます。
館内では、世田谷区にゆかりのある文学作家の原稿や書簡などが展示されている他、年4~5回の企画展や、講演会、朗読会といったイベントも年間を通して行われているそうです。このエリアを象徴する文化的スポットの一つです。

世田谷文学館

蘆花恒春園(芦花公園)

「芦花公園駅」より南に下り、環八(カンパチ)沿いにあるのが「蘆花恒春園」(周りにある広場などを含めて「芦花公園」と呼ばれているそう)。「芦花公園」エリアの魅力的なスポットとして挙げられることが多い「蘆花恒春園」の園内は、多くの名作を残した徳富蘆花の旧宅のある恒春園区域と開放公園区域とに分かれています。開放公園区域には、児童公園やアスレチック広場など、子どもが遊べる遊具も揃っているので、お子さんと遊びに行ったり、ちょっとした散歩に出かけるのも良さそうです。

千歳烏山エリアは、都心や東京西部へのアクセスも良く、駅前の商店街ではなんでも揃う生活利便性が高い街という印象です。また、必要があれば、区民センターで行政関係の手続きが済ませられますし、『芦花公園』や『世田谷文学館』など、休日に出掛けられるスポットもあるので、普段何かと忙しい子育てファミリーにとっては、嬉しい施設が揃っていると思います。


限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら