世田谷区(京王線)に住むなら(明大前)

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed
住むなら。世田谷区(京王線)に住むなら。

「もし世田谷区(京王線)に住むなら」をコンセプトに、アクセスや街の情報、エリア情報、賃貸情報をマイナビ賃貸編集部がレポートします!

京王線の物件を探す

都心への通勤に便利で、アクセスを重視する社会人にオススメの街

交通・アクセス

「明大前駅」は、京王線と京王井の頭線の2路線が通っている駅です。
京王線では、特急・準特急・急行・区間急行・快速のすべてが停車します。「新宿駅」までは、特急利用(1駅)で約6分、各駅停車(3駅)で約10分と抜群の立地。
井の頭線では、急行が停車し、「渋谷駅」まで約7分、「吉祥寺駅」まで約10分。
「新宿」「渋谷」「吉祥寺」「下北沢」など、若者に人気で、買い物や遊べる街にも、すべて「10分以内」で行ける点は大きな魅力。会社への通勤のしやすさだけでなく、休日のプライベートも遊びやお出掛けに充実したいという方に、ぴったりのエリアだと思います。
また「下北沢駅」からは小田急線への乗り換えもでき、神奈川方面へのアクセスも可能です。

明大前駅


買い物・生活環境

「明大前駅」は、私が独身時代に約2年間住んでいた街で、約3年ぶりに降り立ちました。当時から大きく変わってはいないようで、なぜかちょっと安心。懐かしい気持ちで、さっそく、買い物事情・生活環境について調査します!


駅前には商店街が充実

明大前の駅前には、すずらん通りをはじめ、駅前商店街があります。
店舗数は、千歳烏山、下高井戸と比べて多くはないものの、銀行、郵便局、文房具屋、飲食店、コンビニ、薬局、スーパーなど、生活する上で必要なものはここで一通り揃います。特に食料品の買い物については、明大前駅すぐに「生鮮食品館AZUMA」があります。店舗の場所的にも駅から一番近く、駅北側に住まわれている方にとっては、毎日利用される方もいらっしゃるのではないでしょうか。営業時間も夜23時までやっているので、遅めに帰ったときでも利用できます。また、もう少し商店街の北側に行けば、24時間営業の食料品や生活用品が揃うコンビニ「miniピアゴ 松原1丁目店」もあり、そちらでも食料品が売っているので、欲しいものが無かったなどの場合には、うまく両方を使い分けていました。

すずらん通り

生鮮食品館AZUMA


書籍、ファッション、雑貨、カフェ、レストラン、フィットネスなどのショップが揃う

フレンテ明大前

明大前駅の改札を出て、目の前にあるオシャレな駅ビル(井の頭線下りホームと直結)が「フレンテ明大前」です。こちらには、「啓文堂書店」(営業時間10:00~23:00※平日)、「WIREDカフェ」(営業時間10:00~23:30)、イタリアン料理の「ピッツァ サルヴァトーレ クオモ」(営業時間11:00~23:00)、フィットネスジムの「ティップネス明大前」(営業時間9:30~23:00)などが入っています。

フレンテ明大前

運動不足になりがちが社会人にとって、運動したいと思ったときに、気軽に立ち寄れるフィットネスジムが駅前の立地にあるのはとてもうれしいですね。
私が2年間住んでいた「明大前」の印象ですが、当初は明治大学のキャンパスがあるため、学生が多く住んでいるような印象を抱いていました。しかし実際は、「明大前駅」に通ってくる学生が圧倒的に多く、実際に住んでいる方は社会人の方が多かったです。都内へのアクセスが良く、新宿・渋谷・吉祥寺などへふらっと気軽に行けるので、生活範囲が広がるのも「明大前」エリアの魅力ですね。


学生街ならでは? カフェ、ファストフード店が充実

「明大前」には名前の由来ともなっている、明治大学和泉キャンパスがあります。
駅改札を出て、甲州街道(国道20号)を渡ると、徒歩3分程度で和泉キャンパスがあります。この大学までの道のりには、多くのカフェやファストフード店が揃っています。私が住んでいた頃でも、テスト前の大学生と思われる人たちが、カフェで勉強をしている姿がよく見受けられました。

明大前駅前にあるカフェ、ファストフード(※2014年3月現在)

 ・ドトールコーヒーショップ明大前店
 ・スターバックスコーヒー明大前店
 ・マクドナルド 明大前店
 ・サブウェイ明大前店
 ・なか卯 明大前店
 ・吉野家 明大前店
 ・松屋 明大前店
 ・伝説のすた丼屋 明大前店

ドトールスターバックス

マクドナルドサブウェイ明大前店

なか卯すた丼屋


玉川上水公園

明治大学和泉キャンパスに程近い場所にあるクジラのオブジェが目を引く、ブランコやアスレチック、水車の遊具などの遊具が揃う公園です。
代田橋方面に向かう途中にあり、日本大学鶴ヶ丘高等学校へ向かう高校生たちの通学路に面しているため、公園でくつろぐ高校生たちや、近くのマンションに住んでいると思われる子育てファミリーの方が、お子さんと一緒に遊んでいる姿も見受けられました。

玉川上水公園玉川上水公園

玉川上水公園玉川上水公園


玉川上水陸橋が井の頭線の“穴場”撮影スポット!

明治大学和泉キャンパスの裏手にある陸橋は、井の頭線車両の撮影スポットです。
京王線は吉祥寺方面、渋谷方面それぞれの線路を走っていますが、この陸橋から望む線路は4本並ぶ箇所があります。それはもともと第2山手線の計画として準備工事に着手した場所だそうです。結局その第2山手線計画は立ち消えとなってしまったらしく、「線路4本分」は玉川上水陸橋の遺構となってしまったそうですが、もし実際に作られていれば、大田区、世田谷区、杉並区、中野区、練馬区をタテに結ぶ路線となり、とても便利な路線として活躍しただろうと思います。
そんな過去の歴史を感じられる場所で、井の頭線を眺めるのも感慨深く感じられるかもしれません。

玉川上水陸橋から井の頭線を望む玉川上水陸橋から井の頭線を望む


オススメのランニングスポット「神田川沿いの遊歩道」

私のオススメスポットとして紹介したいのが、神田川沿いにある遊歩道で、ランニングコースとして親しまれている場所です。
神田川は、明治大学和泉キャンパスの裏手(北側の住宅地方面)にあり、その川沿いに遊歩道があり、歩行者と自転車利用のみのスペースなので、車が通ることもなく、安心して散歩やランニングができます。
また、散歩中には、神田川にアヒルの親子を見かけたり、魚群も見つけたりするのも楽しいと思いますし、コース沿いには自然に囲まれた公園も多いので、ちょっと立ち寄って休憩をしてみるもの良いと思います。このコースは明治大学和泉キャンパスの裏手からスタートして、ゴールの目安として高井戸駅まで、ゆっくり散歩して1時間程度、軽くランニングしながらであれば片道30分程度で行けると思います。
新生活のスタートとともに、ランニングなどのスポーツを始めてみるものいいのではないでしょうか。

神田川沿いの遊歩道

神田川沿いの遊歩道

明大前駅は、京王線/井の頭線の両線を使えるメリットを最大限活かし、都内各方面へのアクセスが良好なため、通勤だけでなく、プライベートも充実させたい社会人の方にぴったりだと思いました。また居住エリアとして、北側では杉並区、南側は世田谷区の住宅街となるため、静かな住環境を選びたい方にとってはオススメのエリアだと思います。


限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら