世田谷区(小田急線)に住むなら(下北沢)

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed
住むなら。世田谷区(小田急線)に住むなら。

「もし世田谷区(小田急線)に住むなら」をコンセプトに、アクセスや街の情報、エリア情報、賃貸情報をマイナビ賃貸編集部がレポートします!

京王線の物件を探す

『住みやすいエリア』として有名な「世田谷区」。今回は、小田急線の人気駅をピックアップ。

こんにちは。「住むなら。」登場3回目となる吉助です。前回は「荻窪・西荻窪」エリアを紹介しましたが、今回は自分の『ホームタウン』とも言える「世田谷区」。しかも、大好きな小田急線沿線!

最初に「住むなら。」で取り上げた「調布」に住んでいた頃、よく世田谷区内・小田急線沿線沿いのエリアで過ごしていました。区内の社会人サークルに参加したことで区内のあちこちに友だちができ、毎週末世田谷区内に足を運んでいた……なんて時期も。もはや自分の「地元」と言っても差支えがないくらい長い時間を過ごした世田谷区の魅力を。思い余すところなく語らせていただきます!

今回の「住むなら。」では、自分でもよく足を運んでいた「下北沢」や「経堂」、「祖師ヶ谷大蔵」「成城学園前」エリアをピックアップ。さらに、現在も住民の友人たちに教えてもらった「世田谷区(小田急線沿線)に住むなら」知っておきたい情報を添えて、みなさんのお部屋探しを応援できたらと思います。今回紹介する4つの駅は、小田急線沿線でお部屋を探すなら、ぜひ候補に入れていただきたいエリア。小田急線沿線は個性豊かな街が多いですし、暮らす街によってライフスタイルが変わると思いますから、ぜひ今回の記事を参考にしていただいて、あなたに一番合った街を見つけてくださいね。


まず紹介するのは「下北沢」。〝サブカルの街”の代名詞『シモキタ』は、2路線が使えます!

雑誌や街紹介のTV番組で取り上げられることが多い「下北沢」は、地方にお住まいのみなさんでも一度は耳にしたことがある地名ではないでしょうか。TVドラマや映画のロケ地になったり、芸人さんたちの想い出の場所として紹介されたり……、東京の〝サブカルの街”といえば「下北沢」を挙げる人も少なくないでしょう。今回は、そんな文化的な街のイメージに加えて、別の視点からも「下北沢」の魅力を振り返りたいと思います。まずは、交通・アクセス情報からチェックしましょう!

下北沢駅

交通の利便性の点でも高い評価を受けている「下北沢駅」を通るのは、2路線。都内西部・南部・北部の各主要駅に移動するのに欠かせない「小田急線」「京王井の頭線」が交差しています。両路線とも「各駅停車」だけでなく「急行電車」も止まるので、都内のさまざまなエリアに短時間で移動可能です。

例えば……

「小田急線」(新宿方面)

■代々木上原(東京メトロ千代田線に乗り換え可能) …… 約2分(快速急行利用)
■新宿 …… 約10分(快速急行利用)

「原宿駅(明治神宮前駅)」や「表参道駅」「赤坂駅」「大手町駅」方面へ向かう「東京メトロ千代田線」に乗り換えができる「代々木上原駅」までは、快速急行を利用すれば乗り換えなしで約2分! また、「新宿駅」までも、乗り換えなしで2駅と、かなり楽に移動できます。都内でも有数のターミナル駅として知られる「新宿駅」へも簡単に行けるので、都内の各方面へのアクセスも非常にスムーズに行えるでしょう。

「小田急線」(成城学園前、登戸、箱根湯本、鎌倉・江ノ島方面)

■経堂 …… 約4分(快速急行利用)
■成城学園前 …… 約10分(多摩急行利用)
■登戸 …… 約12分(多摩急行利用)
■新百合ヶ丘 …… 約18分(多摩急行利用)
■相模大野 …… 約31分(急行利用)
■中央林間(東急田園都市線始発駅) …… 約28分(快速急行利用)
■藤沢 …… 約47分(快速急行利用)
■片瀬江ノ島 …… 約1時間4分(直通・急行利用)

その他、時間は多少かかりますが「小田原」や「箱根湯本」といった神奈川県エリアへも乗り換え1回以内で行けますよ!(CMでもおなじみの『特急ロマンスカー』を利用すれば、乗り換えなし)

一方、「渋谷駅」「吉祥寺駅」方面へのアクセスは……

「京王井の頭線(渋谷方面)」

■駒場東大前 …… 約3分(各駅停車利用)
■渋谷 …… 約4分(急行利用)

「京王井の頭線(吉祥寺方面)」

■明大前(京王線乗り換え) …… 約2分(急行利用)
■吉祥寺 …… 約13分(急行利用)

「明大前駅」で乗り換えれば京王線の通るエリアに、始発・終点の「吉祥寺駅」で乗り換えれば、JR中央線沿線の駅にも乗り換え1回で行けます。「渋谷駅」を利用すれば、JR山手線、東急東横線、東京メトロ銀座線、半蔵門線が通るエリアにも乗り換え1回でアクセス可能。様々なターミナル駅を活用しやすい点に注目すると、「下北沢」は、都内の様々な駅・エリアへ通勤・通学しやすい駅として太鼓判を押せますね。「新宿駅」まで約10分、「渋谷駅」まで5分以内でアクセス可能という好条件は、どちらのエリアにも程よく近い「下北沢」だからこそ叶えられる条件でしょう。

下北沢駅周辺

なお、「小田急線下北沢駅」は2013年3月に新しくなり、現在は地下に駅構内が広がっています。当時、駅舎があった場所は、現在再開発の工事が進められています。


「下北沢」は、駅を中心に1,000以上のお店が集う巨大なショッピングスポット!

「下北沢」は、文化的なスポットとしてのイメージから、その地に暮らすより、どちらかというと“出かける街”というイメージを強く持っている方もいるのでは? でも、実際には「下北沢」が好きで暮らしている人も多く、生活環境の点でも申し分のないほど充実しています。特に、商店街の充実度は、小田急線沿線の近隣の駅の中でもトップクラスではないでしょうか(さすが、人気の街!)。

食材を買えるスーパーマーケットでいえば、駅の東側に「オオゼキ 下北沢店」が、駅北口の目の前には「大丸ピーコック 下北沢店」が、南口には徒歩3分の距離に「Recipe SHIMOKITA(レシピ シモキタ)」があります。1Fに、24時間営業のスーパー「foodium下北沢」が入っています。

オオゼキ下北沢店

大丸ピーコック下北沢店Recipe SHIMOKITA(レシピ シモキタ)

「Recipe SHIMOKITA(レシピ シモキタ)」には、「foodium下北沢」の他、2~4Fが『ユニクロ』、5Fに『ザ・ダイソー』が出店していて、同じビル内でファッションや雑貨が購入できます。食材以外の何かも一緒に購入したいときに立ち寄ると、1カ所でまとめて買い物ができて便利ですね。

「下北沢駅」周辺は、その他にも1,000を超える様々なお店がエリア内に密集しているので、まず買い物で困ることはないでしょう。

さらに、雑貨の街としても名の知れた「下北沢」は、駅を中心とした南北両エリアに「雑貨」「インテリア」「ファッション」等のお店がたくさん並んでいます。この街に住んだら、毎日寄り道せずに帰るのは難しそう。この充実っぷりを知れば知るほど、この街に飽きなんて来ない! と言わざるを得なくなりますね。

下北沢一番街

そして、駅から少し離れますが、北部エリアに広がる「下北沢一番街」も、「下北沢」の買い物事情を語る上で外せないスポット。文具、雑貨、レコード、生花などが買えるお店のほか、カフェ、ファッション、サロン、病院などが並んでいます。百聞は一見にしかず、ですから、「下北沢駅」にお部屋探しに行ったときは、街の雰囲気や便利さを知るためにも、「下北沢一番街」を覗いてみることをおすすめします。


“演劇の街”と呼ばれるほど「劇場」が密集!『シモキタ』が全国から熱い眼差しを集める理由。

「独自の文化が育まれている」といっても過言ではない「下北沢」。ミュージシャンや芸人、俳優・女優を目指して頑張っている方が多く住んでいるというお話をよく耳にする「下北沢」ですが、もともとは“演劇の街”として発展してきたのだとか。下北沢が全国的に注目を集まるまでに至ったのには、その街を支えてきた数々の劇場の存在を語らなければいけません。

本多劇場ザ・スズナリ

OFF OFFシアター_駅前劇場『劇』小劇場

まず、その代表的な劇場といえば、駅から徒歩5分の場所にある「本多劇場」。向かいには、「『劇』小劇場」も位置しています。さらに、「下北沢駅」南口の向かい側には「OFF OFFシアター」と「駅前劇場」の2つの劇場がありますし、駅から北東方面に歩いていくと、すぐに 黒い看板が目を引く「ザ・スズナリ」が見えてきます。「下北沢駅」近辺だけでも5種以上の劇場があって、平日休日問わず毎日どこかしらの劇場で演劇作品が上演されています。

駅前演劇情報

駅前にも、各劇場の最新の公演情報を報せる案内板があり、駅前に出たついでにチェックすることができます。長い歴史を築いてきた「下北沢」の劇場で上演される作品は、どれも演劇を愛する方たちの目に適う上質な作品ばかり。目移りしてしまうことは必至でしょう。『シモキタ』に住んだら、劇場に通う機会が自然と増えてくるのではないでしょうか。


『シモキタ』は、昼も夜も通いたい「グルメの街」の一面も。行きたいお店、リピートしたいお店が多過ぎる!!

「下北沢に住んだら、絶対毎日充実するだろうな……」と個人的にも本音で言えるのが、食事情。もちろん毎日外食するわけにはいきませんが、下北沢には通いたいお店が多いんです。というか、多過ぎなんです(涙)。毎日違うお店に足を運んでも、長い間被らないでいられると思います……。しかも都心に比べて予算も抑え目にできる、というのが、グルメスポットとしても「下北沢」を高く評価したいポイント。東京西部エリアに住んでいる友だちと美味しいものを食べたいときは、あえて予算が上がる都心エリアへは行かず、下北沢を選ぶのが僕の通例です(それぐらい手頃な予算で、美味しいものが食べられるんです)

しかも、ジャンルは豊富! 今回、その中から気に入ったお店や先輩が教えてくれたお店を厳選してご紹介させていただくと……

珉亭(みんてい)

珉亭(みんてい)下北沢在住の先輩曰く、「下北沢のラーメン屋の中で、3本の指に入るよ」とのこと。『シモキタ』に取材に行くことを伝えたら、「絶対食べてきて」とお勧めされたほどの名店です。(で、食べて来ました。お勧めされた『江戸っ子ラーメン』は確かに美味かったですね。味付けされた白菜の風味が活かされた、優しい味が印象的でした)

いっ久家(いっ久どーなつ)

いっ久家(お店)いっ久家(ドーナツ)「下北沢駅」から徒歩5分ほどの場所にある、ドーナツ屋さん。本店は「荻窪」とのことなのですが、自分が「いっ久どーなつ」を買うのはいつもココ。街歩きのお供です。クセのない、どこか懐かしくなるような口当たりの優しい甘みが好きです。

その他にも魅力的なお店はたくさんありますし、「下北沢」がお好きな方ごとに好きなお店がある、と言っても言い過ぎではないと思います(僕も、他にもたくさんご紹介させていただきたかったのですが、時間の都合上今回は絞り込みました)。

僕自身、先日も「下北沢」のビアバー『うしとら』に行ってきたのですが、その日はイベントもあったせいか“ギリギリやっと入れた”ほどの大盛況ぶり! 来ていたお客さんの年代はバラバラだったのですが、みなさん、店員さんと非常にフランクなご関係のようで、スタッフとお客さんの一体感みたいな「下北沢」ならではのアツい雰囲気を感じてきました。きっと、そういう“壁を感じさせない”お店は、他にもたくさんあるのではないでしょうか。

みなさんも、「下北沢」好きの方に、ぜひ色々お話を聞いてみてください。話を聞けば聞くほど、今回僕が語り切れなかった「下北沢」の魅力が教えてもらえると思いますよ!


「下北沢」に住むなら、知っておくと便利な場所は?

その他、先輩に「住むなら、どんな情報を知っておくと良いですか?」と質問して教えてもらったのが、ココ。「北沢総合支所」。

北沢総合支所

「下北沢駅」から東へ歩くこと6~7分。北沢タウンホールの1Fに、「北沢総合支所」があります。急に住民票などの公的な書類が必要になったり、各種手続きを行いたい場合はこちらへ行くと良いそうです。開庁時間は、午前8時30分~午後5時まで。


『シモキタ』の家賃相場。高めのイメージがあるものの、2K以下の「一人暮らし」物件なら、十分手の届く範囲?

そして最後は、気になる家賃相場のこと。街のイメージも良い「下北沢」に住むには、毎月どれくらいの賃料を考えておく必要があるのか……ですが、ざっとこんな感じでした。間取り別に調べてみましたので、ぜひご参考ください(マイナビ賃貸調べ)

  「下北沢駅」
 ワンルーム・1K  7.6万円
 1DK・1LDK・2K  10.9万円
 2DK・2LDK・3K  20.4万円
 3DK・3LDK・4K 31.7万円
「下北沢駅」の家賃相場(※2014年3月13日時点)

2DK以上になるとグッと上がってきますが、2K以下なら十分手の届く範囲でしょうか。それでももし家賃が考えている予算と折り合わない場合は、お部屋を探す駅の範囲を少しずつ広げてみてください。

先日、隣り駅の「世田谷代田駅」に出かけてきた際、そこから友人たちと食事へ……という流れになり、「下北沢駅」まで歩いてきました。隣り駅から歩いても、徒歩15~20分ほどで、個人的には苦にならない距離でした。住宅街が続いているので街の雰囲気も落ち着いた印象を受けましたし、散歩するのにも程よい距離かも? 「下北沢」を自分のホームタウンにしたいなら、諦めず、選択肢を広げてお部屋を探してみることをおすすめします。たとえ「下北沢駅」が最寄駅にならずとも、近隣の駅に住むという選択は、十分価値のあるものだと思いますよ!!


もし「下北沢」が予算に合わなかったら、隣りの駅は? 「世田谷代田駅」はこんな街です!

世田谷代田

小田急線沿線の他の駅に比べて、なかなか名前を耳にする機会が少ない「世田谷代田駅」。でも、知ってみるとなかなか住環境は悪くない駅です。徒歩でも色々アクセスできますが、きっぱりと「郊外」ととらえて、移動手段を自転車中心に考えれば、「下北沢」はもちろん、商店街が充実した一つ隣りの駅「梅ヶ丘駅」や環七通り(通称:カンナナ)を北上して「京王井の頭線新代田駅」まで利用できる範囲が広がります。

東京都内に住むメリットの一つとして、「駅間が地方に比べて狭い」ことが挙げられます。駅の知名度だけにとらわれず、きちんと「地図」で距離を見ながらお部屋探しをすると、希望のエリアを利用できて、かつ予算内に収まるお部屋が見つかりやすくなります。「下北沢が好きだけど、家賃が高くて住めそうになくて……」とお悩みの方は、ぜひ「世田谷代田駅」も選択肢に追加してみてはいかがでしょうか。


限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!
一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら