宇都宮に住むなら(「宇都宮市」のこぼれ話)

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed
住むなら。宇都宮に住むなら。

「もし宇都宮に住むなら」をコンセプトに、アクセスや街の情報、エリア情報、賃貸情報をマイナビ賃貸編集部がレポートします!

宇都宮の物件を探す

これは食べておきたい!
宇都宮でオススメのご当地グルメ

辺りはすっかり暗くなり、街歩きもいよいよフィナーレ。締めくくりは、やっぱりご当地グルメでしょう♪ 向かうは、昭和27年から続く焼そば屋『石田屋』です。キャベツだけのシンプルな焼きそば「野菜」(並・400円~)からと、手ごろな値段で様々なトッピングが選べます。一番人気は写真の「石田屋特製ミックス」(中・600円~)。肉・ハム・キャベツ入りで、上には半熟の目玉焼きがドンと乗って登場! ソースをたっぷりかけて食べるように促されましたが、最初は何も掛けずに食べてみました。うん、薄味好きの私でも、ちょっと頼りない味? 続いて、ソースを遠慮がちに掛けて一口……おぉ、味がピタッと決まった! 結局アドバイス通り、たっぷりとかけて美味しくいただきました。紅生姜代わりに用意されたガリが、これまた合うんです。同行した友人が即座に持ち帰り用も注文するほど、期待以上の美味しさで大満足でした!

石田屋外観

焼きそば私も持ち帰り用を買えば良かった……と帰りの電車で後悔するほど、素朴ながら後を引く美味しさでした。持ち帰り用はビニール袋に入れてくれるのも、宇都宮流!

そして、ラストに向かったのが『宇都宮みんみん・本店』。宇都宮餃子の代名詞とも言えるお店です。『みんみん』の餃子は、プライベートで何回も食べたことがあり、その美味しさは知っていたのですが、いつも行列ができている“本店”は、新幹線の時間を気にしながら散策する身としては敷居が高く、今回が初体験です。
「焼餃子」を注文して、待つことしばし。胡麻油でこんがりといい焼き色の餃子が登場しました。餡の中身は、たっぷりの白菜とキャベツ、ニラ、葱、玉ねぎ、生姜、にんにくなどの野菜、それにもちろん豚肉。野菜は収穫時期によって異なる水分量にまで気を遣い、変わらぬ味を提供し続けているそうです。一口食べて「うん、美味しい!」奇をてらった味ではなく、毎日でも食べ飽きない優しい味と言いましょうか。ニラやニンニクの主張は少なめなので、あっさりとした印象。いくつでも食べられそうです。6個240円という価格も嬉しいところ。来た甲斐がありました。

みんみん外観

焼餃子

私が趣味で宇都宮餃子の食べ歩きをする際、『みんみん』は常に“締めのお店”。なぜなら、ライスがあるから! 宇都宮餃子店のメニューは餃子オンリーの場合も多いので、ご飯と一緒に食べたい方はお店選びにご注意下さいね。

それにしても、宇都宮では餃子も焼きそばも“お持ち帰り”人口の多いこと! 地元民にとって餃子や焼きそばは、日常的に食卓へ並ぶもの。地域に根付いた食文化なのだなぁと再認識したのでした。


まだまだあります!
宇都宮名物の数々をご紹介

宇都宮の名物は、これだけではありません。有名なところでは、とちおとめなどの品種がお馴染みの「いちご」や、全国生産量の約9割を占める「かんぴょう」、そして最近注目を集めているのが「カクテル」! コンクールで受賞経験を持つバーテンダーが多い街として注目を集めています。
食べ物以外では、外壁などの健材「大谷石」が採掘されることで有名です。塀などによく使われているので、名前は知らなくてもどこかで目にしたことはあるはず。市内北西部の大谷町には、地下採掘場を見学できる「大谷資料館」もあり、その迫力を生で見ることができます。残念ながら、今回は時間の都合で訪問できませんでしたが、行った方に話を聞くと「ピラミッドのよう」「神秘的」「心が洗われる」といった声が。いつか私も訪れて、レポートできればと思います。

餃子像「JR宇都宮駅」の西口バスターミナルにある“餃子の皮に包まれたビーナス像”。宇都宮のシンボルとしてお馴染みですが、実はこれも、大谷石でできているんです!


どこに住めばいいの?
宇都宮市内で人気の住宅街

ここまで宇都宮市の様々なスポットを巡り、街の魅力に触れてきました。読者の皆さんに興味を持っていただいたところで、「市内のどこに住めば良いの?」なんて声も聴こえてきそう。そこで最後に、友人おすすめのスポットをご紹介します。

泉が丘

「JR宇都宮駅」の東口方面にある、ファミリーに人気の住宅地です。転勤族が移住先として選ぶことも多いエリアとして知られています。前述の『ベルモール』に近く、『ヨークベニマル』『フレール』といったスーパーや『カワチ薬局』の大型店などもあり、暮らしやすいでしょう。『宇都宮大学』もこの近く。小学校と中学校が隣同士にあり通わせやすく、環境も良好です。

泉ヶ丘宇都宮市内では若干家賃が高めなエリアですが、利便性・環境ともに恵まれているため、人気が高いそう。小さなお子さまがいる方に、特におすすめしたいエリアです。

雀宮

都心で働く方のベッドタウンです。インターパークが近く、『FKD福田屋インターパーク店』へアクセスしやすいため、買い物に便利。学校や図書館などの公共施設も充実しています。「宇都宮駅」周辺は駐車場台が高く、道路も混雑しやすいため、こうした周辺駅の駐車場を月単位で借りる方が多いそう。家から最寄り駅まで自動車で移動し、電車で通勤するルートが主流です。

雀宮雀宮

住宅地住宅地

JR宇都宮線で「宇都宮駅」の一駅隣。湘南新宿ラインが停車するため、大宮・新宿・横浜方面にアクセスしやすい印象です。反対隣の「岡本駅」周辺も、近年開発された新興住宅地で住みやすそうです。


いかがでしたか? 宇都宮市には「住めば愉快だ宇都宮」というロゴマークがありますが、今回の街歩きで「キャッチコピーに偽りなし!」だと感じました。豊かな自然と利便性のバランスが良く、美味しい食べ物も揃っている宇都宮市。興味を持った方は、まず一度、訪れてみてはいかがでしょうか?


一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら