vol.28 千駄木

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

“街を知っている人”と歩く 「マチレポ」 2013年07月02日更新

vol.28千駄木【東京都】

千駄木

協力会社:株式会社リアルワン 千駄木駅前店

谷中、根津と合わせて“谷根千”と言われ、テレビや雑誌の下町特集で必ずと言っていいほど取り上げられる古き良き街、千駄木。「一度住んだら離れたくないという人が多いですね」と言うのは、今回のナビゲーター、株式会社リアルワン 千駄木駅前店の課長・藤又和也さん。千駄木駅(千代田線)のほか、徒歩圏内にはJR日暮里駅や本駒込駅(南北線)もあり、また上野や浅草、早稲田まで直通で行けるバス便など、交通アクセスも◎の千駄木には、“楽しく住む”ための魅力的なスポットがたくさん! そこで、店長の石毛さん、スタッフの佐藤さんとともに街を紹介してもらいました。

千駄木はこんな街

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
街並み

「不忍通りから1本中に入ると、下町情緒溢れる街並みに出会えます」と藤又さん。賃貸物件は駅近がほとんどで、アパートやマンションはもちろん、戸建ても多いのがこの街の特徴。「戸建ては、風情のある暮らしがしたい人に人気なんです。古い木造の日本家屋なら、12〜13万円ほどで貸し出されていますよ」(藤又さん)
谷中銀座

「この辺りのスポットでまっ先に思い浮かぶのがここです」と藤又さんが言うのは、千駄木駅から徒歩3分にある商店街『谷中銀座』。200mほどの通り沿いに70軒近くもの商店が密集し、休日になるとまるでお祭りのような賑わいに。「『肉のサトー』でメンチカツ、隣の『越後屋酒店』でビールを買い、軒先で味わうのがオツです」
森鴎外記念館

東京大学が近く、かつて川端康成、北原白秋、高村光太郎、夏目漱石など数多くの文豪が住んでいた千駄木。そのひとり、森鴎外の生誕150周年を記念して旧居跡地に『森鴎外記念館』がオープンしました。館内には、展示室や図書室のほか、オリジナルグッズを扱うミュージアムショップ、スカイツリーや庭園を臨むカフェも併設。
病院

「千駄木には徒歩圏内に大きな病院が2つもあります」と藤又さん。千駄木駅の西側にある『がん・感染症センター都立駒込病院』はその名の通り、がんや感染症の治療で有名。また、エイズ中核拠点病院としても知られています。また、南側にある『日本医科大学付属病院』には、日本第1号の救命救急センターを備えています。

千駄木のここが好き

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
夕やけだんだん

谷中銀座を千駄木から日暮里方面に歩いて行くと、大きくて緩やかな階段に突き当たります。その名も『夕やけだんだん』。「階段の上から谷中銀座を見下ろす風景は、夕焼けの絶景スポットです。また、たくさんの猫も集まっているので、写真を撮っている人も非常に多いですよ」(藤又さん)
須藤公園

千駄木駅すぐにある『須藤公園』は、江戸時代の加賀藩、支藩大聖寺藩主「松平備後守」の屋敷跡。石毛さんや佐藤さんもよく訪れるそう。「起伏に富んだ公園で、森と言ってもいいほど緑豊か。ちょっとした滝もあって癒されます」(石毛さん)。「園内には大きな池があって、鯉や亀がたくさんいますよ」(佐藤さん)
団子坂

千駄木2 丁目と3丁目の境にあり、夏目漱石の『三四郎』にも登場する『団子坂』。名前の由来は、坂の近くに団子屋があったからとも、また悪路のため転ぶと団子のようになるからとも言われています。また、菊人形や藪そばの発祥の地としても有名。「坂沿いにはおせんべい屋さんなど古いお店が点在しています」(佐藤さん)
旧安田邸

「かなり歴史がある建築物で、外国の方が見たら喜びそう」と藤又さんが語るのは、『旧安田楠雄邸庭園』。大正8年に建てられた近代和風建築で、現在は東京都の名勝として文化財指定を受けています。サンルームのような台所や、モダンなソファが置かれた応接室があるなど、和と洋が融合した佇まいは趣たっぷり。

ここが知りたい千駄木

買い物は便利?社会人向けファミリー向け
スーパー「買い物は便利だと思います」と藤又さん。「谷中銀座や『よみせ通り』といった商店街が充実しているので、肉や魚、青果はもちろん、大概の日用雑貨はここで揃えられると思います。また、商店街だけではなく、不忍通り沿いには『サミット 千駄木店』や『NOMURAYA』などのスーパーマーケット、24時間営業の『肉のハナマサ』もあります」(藤又さん)。また、『どらっぐぱぱす 谷中店』や『一本堂 千駄木店』、『薬ヒグチ千駄木店』などドラッグストアも多いのも特徴。『ローソン』『セブンイレブン』『ポプラ』などコンビニも不忍通り沿いに並んでいるのはありがたい。
この街のここがスゴイ!社会人向けファミリー向け
猫「猫好きにはたまらない街ですよ」と教えてくれたのは石毛さん。夏目漱石が住み、処女作『我輩は猫である』を執筆したのも千駄木。それが関係あるかどうかはわかりませんが、千駄木界隈では至るところで飼い猫や野良猫の姿を見つけることができます。「どの猫も人懐っこいので、見かけた人は皆、触れ合いを楽しんでいますよ」(石毛さん)。また、谷中銀座の中に猫のオブジェがいくつか置かれていたり、夏目漱石の旧居跡(通称:猫の家)の塀に猫(オブジェ)が歩いていたり。さらに、猫ギャラリーや猫グッズ専門店、猫カフェなど猫関連のお店も満載です!
撮影/平石順一 取材・文/ヨダヒロコ
 

このエリアの物件をキーワードで探す - マイナビ賃貸

このエリアの家賃相場から物件を探す

沿線 ワンルーム・1K 1DK・1LDK・2K 2DK・2LDK・3K 3DK・3LDK・4K
千代田線 千駄木駅 7.5万円 10.9万円 17.7万円 17.0万円

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら