新人研修を実施するため、社員が短期間住める部屋を探しています|社宅代行・法人仲介ならマイナビ賃貸にお任せ!

マイナビ賃貸

社宅代行 ・ 法人仲介

メールで問い合わせる

0120-112-180 マイナビ賃貸サポートセンター受付時間:月~金曜日(祝日・年末年始を除く)9:30~18:00

社宅お悩み Q&A

新人研修を実施するため、社員が短期間住める部屋を探しています。

質問

Vol.3
東京で新人研修を実施するため、社員が1ヶ月間住める部屋が必要になりました。人数が多く、どうやって探すのがよいか悩んでいます。
(IT業 総務担当)

回答

快適な宿泊施設が研修成果アップのカギになることも。

新入社員の会社選びの基準の一つとして挙げられるのが『研修制度』。
研修の重要性は会社様だけでなく、社員様も強く認識しているようです。 しかし新入社員にとって新人研修は、社会人への意識改革、慣れない環境での緊張感など、疲労が蓄積されやすい期間でもあります。研修成果を上げるためにも快適な宿泊施設の確保は会社様にとって、重要な課題の一つと考えられるでしょう。

そんなときにも社宅代行会社を利用してみてはいかがでしょう。たとえば、短期間住める部屋として考えられるのがウィークリーマンション 。ここの手配も行ってくれます。 ウィークリーマンションは短期契約が主流。物件数も豊富で、研修場所や人数、予算に合わせて部屋探しができます。
ほとんどのウィークリーマンションには、家具や家電が備え付けられているので、鍵さえあればすぐに生活することが可能。自宅にいるような便利さと快適さが得られるでしょう。
また、敷金・礼金不要、仲介手数料不要の物件があったり、賃料を日割計算してくれたりと、費用対効果にも優れています。

新入社員研修が行われる時期は、通常より業務が増える時期。専門会社を利用することによって、業務のスリム化を図ってみてはいかがでしょうか。

<社宅の状況等>

●就職活動のとき、会社を選ぶ基準にしたことは?
1位 「仕事に魅力」 34.9%
2位 「社員・社風に魅力を感じた」 13.0%
3位 「経営・業績の安定」 11.1%
4位 「研修制度・福利厚生」 9.0%
5位 「給料がよい」 7.9%
※2013年度 新入社員 春の意識調査(日本生産性本部 )

マイナビ賃貸がお勧めする社宅代行企業はこちら

今すぐ問い合わせる「無料」

その他の社宅お悩みQ&A お悩み一覧へ

このページのトップへ戻る

ページの先頭へ